健康でいてほしいからこそチェックしておきたい!猫の病気&認知症って?

写真拡大

ペットは大切な家族の一員。できるだけ長く一緒に暮らしたいから、健康にもしっかり気を配りつつ、老後ののことについても元気なうちから考えてあげたいですよね。もう飼っている人も、これから飼いたいなあと考えている人も、「知らなかった!」と後悔しないための知識をまとめました!



元の記事を見る

大丈夫?飼い主さんが知っておくべき猫の健康管理の基本

■ こんなことをしてたら要注意!ストレス症状を見分ける猫ちゃんのサイン2つ

何を考えているのかわからない自由気ままなところが猫の魅力。前まで元気に遊んでいたかと思えば、最近はずっとおとなしくしていたり…行動が読めないところがかわいいなあ〜と。
でも、待って!その行動、もしかしたら病気やストレスのサインかもしれません。脱毛や嘔吐など明らかな症状だと分かりやすいですが、そうなってしまう前になるべくはやく気づいて欲しい、要注意のストレスサインをご紹介します。

■ 長生きさせるために気をつけてあげたい!寿命を長くする2つのポイント

猫の寿命はだいたい10〜16年と言われています。人間に比べると短い猫の寿命ですが、どうすれば一日でも大切な猫ちゃんと一緒に過ごすことができるのか、長寿猫にするための方法をご紹介します!

それ、病院に行ったほうがいいかも!猫がよくかかる病気って?

■ 治りにくい?猫が結膜炎になる原因とその対策

人間でもなる、「結膜炎」。最初は軽い症状ですが、放っておくと目が開かなくなったり、眼球が腫れてしまったりと大変…!!
「結膜炎にしない・結膜炎になっても悪化させない・間違えた民療法をしない」ために知っておきたい予防と治療方法をお伝えします。

■ 冬場は特に怖い猫の下痢、原因と対策

猫ってあまりストレスを感じなさそう……。いいえ、猫は本当は繊細で臆病な生き物です。それでも猫は我慢強いので、お腹が痛くてもポーカーフェイスを装いがち。しっかりトイレの後も見てあげましょうね!

■ 寒い季節に多い猫の嘔吐、気をつけたいポイントは?

知っていました?猫って健康でも吐くことがあるんです!もちろん、病気の時も嘔吐はしますが…。
健康な時との違いって一体何?嘔吐が多くなると言われるこれからの季節、嘔吐の症状に注意しましょう!

人間と一緒!?老猫の認知症

■ あなたの猫ちゃんは認知症?すぐにできるチェック項目10個

人間と同じで、猫も認知症を早期に発見することで、その進み具合を遅らせる薬も出てきているようです。まずは猫の認知症症状10個の項目をチェックしてみましょう!

■ もしかして認知症かも?病院へのかかり方と予防対策

10項目をチェックして、怪しいかも…と思ったら、病院のかかり方について知りましょう!早めに対応しておくことが、猫ちゃんの健康につながります。

いかがでしたか?日々ペットと接している方でも、意外に知らないことも多かったのでは?
これを機会に、ぜひ猫ちゃんの健康について、あらためて考えてみてくださいね。

暮らしニスタ編集部/山本