画像

写真拡大 (全2枚)

 LINEは、LINEの公式アカウントを利用したニュース配信機能を外部メディア向けに開放する「LINEアカウントメディア プラットフォーム」を発表。第一弾として、24メディアをパートナーとし、公式アカウントの提供を開始した。

 LINEは、同社運営のコミュニケーションアプリ「LINE」における新たな取り組みとして、LINEの公式アカウントを利用したニュース配信機能を外部メディア向けに開放する「LINEアカウントメディア プラットフォーム」を発表した。第一弾として、新聞社、通信社、TV局など24メディアをパートナーとし、公式アカウントの提供を開始した。
配信ニュース画面例

 参画メディアは自社の公式アカウント(LINEアカウントメディア)を開設後、同社より提供されるニュース配信CMSを通じ、ニュース記事をダイジェスト形式にパッケージングし、当該公式アカウントをフォローしているLINEユーザーに対してプッシュ配信することができるようになる。

 またLINE側では、LINEアプリおよび「LINE NEWS」公式アカウントを通じ、参画メディアのアカウントへの集客支援を行うほか、各メディアが配信するダイジェスト記事内に広告掲載スペースを提供することにより、収益化支援も行う。なお、原則、発生した売上の50%がメディア側に分配される。
INE Account-media Platform

 LINEでは、プラットフォーム戦略の一環として、2013年7月よりスマートフォンニュースアプリ「LINE NEWS」を公開。その後、2014年4月には「LINE NEWS」公式アカウントを通じ、ニュースを1日3回ダイジェスト形式で配信する「LINE NEWS DIGEST」の提供を開始した。これにより、日常的にニュースに触れていない層にも利用を拡大してきた。

 さらに、2015年4月には、「LINE NEWS マガジン」を新設。ユーザーが自身の好みに応じて選択したマガジンを公式アカウントからダイジェスト形式でプッシュ配信を行うサービスを展開。これにより、2015年5月時点で、月間アクティブユーザー数1,200万人のサービスに成長している。今回の取り組みはこれらのノウハウを活かしたもの。

MarkeZine編集部[著]