Doctors Me(ドクターズミー)- 頭皮のべたつき、フケ、痒み…マラセチア菌の仕業かも!?

写真拡大

フケ症は頭の皮膚に細かい角質片ができ、それが落ちた落屑を生じる状態のことを言います。ある程度は健康な状態でもフケはできます。しかし病的にフケがたくさんできる場合、考えられるのが脂漏性皮膚炎というもので、軽い例から、大量のフケを伴う例まで程度には差があります。
今回はそんなフケの原因と対策について、医師に解説していただきました。

頭には頭皮の脂が大好きな菌が住んでいる!?

脂漏性皮膚炎の脂漏とは皮脂腺からの皮脂の分泌が過剰なことを意味します。特にもともと頭皮や顔面などは皮脂腺が発達し皮脂の多いところです。そこでさらに分泌が亢進しているとなると脂がたっぷりでべとつき感を感じることになります。
この脂が好きなマラセチアという真菌(カビに属する微生物)が私たちの皮膚には住んでいます。脂が多い状態のまま放置する時間が長いと、この脂自体がまず皮膚にダメージを与えます。
またマラセチアはこの脂を糧として増殖していきますがこの時に遊離脂肪酸という物質を産生しこれがまた皮膚にダメージを与えてしまいます。この二つが脂漏性皮膚炎の主な原因と考えられています。

脂漏性皮膚炎の予防&対策は?

これらのことから、できれば毎日、少なくとも2日に1回はシャンプーをしっかり用いての洗髪、石ケンを用いてのスキンケアが大事となってきます。これは治療時にも予防にも重要なことです。
また、洗うときにこすりすぎるとその物理的な刺激が皮膚にダメージを与えてしまうので、こすりすぎないように注意します。
その他、
・偏った食事
・ストレス
・疲労
・ビタミン不足
なども悪化要因としてあげられます。
このため、
・規則正しい生活
・バランスのよい食事
が脂漏性皮膚炎の予防と治療に大事になってきます。

主に見ていただくのは皮膚科になりますが皮膚科では炎症を抑える目的でステロイドの塗り薬やマラセチアの増殖を抑える目的で抗真菌薬の塗り薬を用いて治療されることが多いです。
一部の患者さんでは先ほどのビタミン不足が関与していることもあるので、必要に応じてビタミン剤の処方があることもあります。この場合も常に先ほどの洗髪、スキンケアを欠かさず特に皮脂の多いこの季節は気を付けていきましょう。

【医師からのアドバイス】

普通のフケやベタつきと違うなと感じたら、一度皮膚科で相談してみたくださいね。

(監修:Doctors Me 医師)