栄養価が豊富で小腹がすいた時のおやつやダイエットにも人気のアーモンド。実はアンチエイジングにもおススメしたい、スゴイ効果のある食材だったのです。

アーモンドは老化の原因物質の働きを抑制する

お肌のシミやシワなどは、誰もが避けて通れない老化現象ですが、同じ年齢でも若く見える人と老けて見える人がいますよね。それは、老化の原因物質がどのくらいあるかの差でもあるのです。老化の原因となる物質とは「AGEs(終末糖化産物)」と呼ばれるもの。コラーゲンのもととなるタンパク質は糖類と結合することで糖化されますが、そこで産出されるのがAGEs。つまりコラーゲンが糖化することで、お肌のハリやツヤが失われ老化現象が起こってしまうのです。AGEsは一度作られると減りにくい特徴がありますが、なんとアーモンドにはその働きを抑制する働きがあることがわかったのです!ある実験によれば、1日20〜25個程度のアーモンドを5〜6ヶ月食べると肌年齢が若返るという報告もあります。

アーモンドに含まれるエイジングケアの栄養素は?

アーモンドに含まれる栄養素はいろいろです。ここでは、その中でもエイジングケアに役立つ栄養素をご紹介しましょう。

酸化しにくいオレイン酸が豊富

アーモンドは脂質が多いのですが、その7割がオレイン酸です。オレイン酸は代表的な不飽和脂肪酸。普通の油と違って体内で酸化しにくいので安心して食べることができます。しかも、オレイン酸には悪玉コレステロールを減らす働きもあるので、生活習慣病の予防にも効果的です。

アーモンドの代表的な栄養はビタミンE

アーモンド100g当たり含まれるビタミンEの量は31.0咫ビタミンEは抗酸化力が高いことで知られるビタミンで、細胞の酸化を防ぐ働きがあるので、お肌の老化を細胞レベルで遅らせることができます。

皮膚や髪の再生を促すビタミンB2

ビタミンB2は脂質の代謝を促し成長を促進するビタミンですが、皮膚や髪の細胞の再生に深く係わっているビタミンでもあります。ビタミンB2は肉や魚、卵などの動物性食品に多く含まれますが、食べ過ぎは禁物。アーモンドでビタミンB2を補給しましょう。

ミネラルバランスが優れている

アーモンドに含まれるミネラルは、カルシウム、マグネシウム、鉄、リン、カリウム、亜鉛など。とてもバランスよく含まれているので、不足しがちなミネラルを摂取できるのも嬉しいところ。鉄分は貧血を予防し、ピンク色の肌を保つのに必要ですし、亜鉛には髪の主成分ケラチンの生成を促進する働きがあります。


writer:岩田かほり