写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三菱東京UFJ銀行は11月30日、出会い系サイトなどのサービス運営者の預金口座入出金明細が漏洩し、当該明細に記載された一部の振込依頼人(=会員制サイトなどの利用者)である顧客の電話番号が架空請求詐欺に悪用されていたことが判明したと発表した。

今回、第三者が同行の「残高照会ダイヤル」に不正アクセスし、振込明細を聴取することによって振込依頼人名として入力された電話番号を入手し、架空請求詐欺に悪用した事例があることを、警察からの連絡により認識したという。

「残高照会ダイヤル」のアクセス記録全件(2015年4月28日から10月28日分)を調査した結果、入出金明細に振込依頼人名として記載されている電話番号が約1万4000件漏洩した可能性が高いことがわかった。

不正アクセスは、出会い系サイトなど運営者の口座のみで、それ以外の顧客の口座からの電話番号の漏えいは確認されていない。

不正アクセスの原因は、本人確認する際にシステム仕様上の不備があったためとして、10月29日以降は同様の自称が発生しない状態になっているという。

該当47口座については、過去の状況を確認するため、さかのぼっての調査も進めており、結果は調査完了後、あらためて伝える方針。

同行は、Webサイトのトップページで、「『振込依頼人名』として電話番号を入力したことがある方は架空請求詐欺にご注意ください!」とメッセージを掲示し、注意を促している。