写真提供:マイナビニュース

写真拡大

動画制作プラットフォーム「Crevo(クレボ)」を運営するCrevoは、各ソーシャルメディアの特性に合わせた最適な動画広告クリエイティブのプランニング・制作と動画広告の運用・A/B テスト、運用結果を踏まえたクリエイティブの改善提案による、一連の動画広告PDCAを提供する新サービス「Crevo 動画広告運用」事業を開始したと発表した。

新サービスは同社が独自開発した動画制作専用の支援システム「Crevo Basecamp」を活用し、従来アナログで行っていたPDCAのプロセスをオンライン化する。

動画クリエイティブのプランニング・制作では、コンサルタントとプランナーが、各メディアに合わせて、尺や構成、表現技法等、最適な動画広告クリエイティブをプランニング。

効果の分析・改善提案では、制作した複数パターンの動画クリエイティブをA/Bテストで検証することで、最も効果が見込めるクリエイティブを導き出すことが可能だという。

対象とするサービスは、Facebook動画広告、及びInstagram動画広で、Trueview広告、twitter動画広告に関しても順次サービス提供開始の予定だという。