過電圧状態や耐用サージ寿命を超えた場合に、故障や火災からLED照明器具を守るもので、-45度から+85度の幅広い動作温度範囲に対応している(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全2枚)

 リテルヒューズは11月30日、LED照明サージ保護モジュールを12月上旬から発売することを発表した。

 強力なサージ電流耐性を持ち、屋外・商用LED照明器具用の過渡過電圧に対する保護を行うための製品となっている。同製品を搭載することで、バリスタの温度上昇を感知して回路から遮断。それにより継続的な家電圧状態でもLED照明を雷や故障や火災から守ってくれる。

 電流定格最大値(10,000A/20,000A)とIP66防水・防塵仕様の有無などの違いにより計3種(「LSP05」「LSP05G」「LSP10」)の製品で構成される。道路照明や信号、街路やトンネル用照明などをはじめ、電子看板などでの用途を想定しており、同社では3年後に1億円の売上を目標としている。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI