主題歌を歌う星野源(上)と映画『森山中教習所』場面写真(下)

写真拡大

野村周平と賀来賢人のW主演で映画化され、出会うはずのなかった2人が再会し、おかしくてヘンテコで、愛すべきひと夏を送る青春エンターテインメント『森山中教習所』。この映画の主題歌が、星野源書き下ろしの「Friend Ship」に決まったことがわかった。

星野源、お見合いしたいかどうかは相手次第。夏帆が相手なら世の男性全員が即答!

星野は2000年に自身のバンド「SAKEROCK」を結成し、音楽活動を続ける一方で、俳優として映画『地獄でなぜ悪い』や『箱入り息子の恋』、現在放送中のテレビドラマ『コウノドリ』などに出演。作家としても幾多の書籍を発売するなど、幅広く活動中。また、今年の紅白歌合戦への初出演も決まり、音楽家としての活動もいよいよめざましい。

そんな彼が12月2日にリリースする4枚目のアルバム「YELLOW DANCER」は、大ヒットを記録した「SUN」をはじめ、「地獄でなぜ悪い」「Crazy Crazy」「桜の森」などのシングル表題曲、「Snow Men」(資生堂 マキアージュWEBムービー『Snow Beauty』主題歌)、「Week End」(フジテレビ『めざましどようび』テーマソング)など話題のタイアップ楽曲から、インストルメンタル、弾き語り曲など多彩な14曲を収録。その中の1曲として収録されているのが、本作の主題歌「Friend Ship」だ。

本作の主題歌決定に星野は「フレンドシップ。友情と愛情の、うまく言葉にできない部分を音楽にしたいと思いました。切ないダンスミュージックが完成しました。劇場で、映画の一部となって聴ける日を今から楽しみにしています」とコメント。

野村は「明るい曲調なのに胸に刺さる歌詞で色んな人に会いたくなる曲だと思いました。曲調もテンポがすごく心地よく、すごく好きです。映画『森山中教習所』にぴったりで、素敵な曲をつくってくださり、すごくうれしいです」と話し、賀来は「本当に素敵な曲です。聞かせていただいて、劇中の清高と轟木の関係性と、自分の懐かしい青春時代の思い出とがリンクしました。この曲が劇中で流れると思うと本当に心強いですし、同じ作品に関われたことを嬉しく思います」と述べている。

『森山中教習所』は2016年夏に公開予定だ。

星野源が初主演! 夏帆共演で親同士の代理見合いから始まる恋と結婚を描く
『ライチ☆光クラブ』野村周平や古川雄輝らの学生服姿のビジュアル解禁!
暑苦し過ぎ! 日本一のヘタレロッカー・野村周平のロック魂ビジュアルが公開
疲れ切った賀来賢人に不真面目な市川亀治郎!? 『シャッフル』舞台挨拶で暴露