11月28日、『東京アーバンドックららぽーと豊洲』にて、NU’EST「Bridge the World」発売記念リリースイベントが行われました。


NU’ESTは韓国の5人組歌手グループで、日本以外にもアメリカ、ヨーロッパ、中南米、アジアと世界を股に掛けてライブツアーをするなど、現在人気急上昇中です。


イベントでは、最初にライブが披露されました。1曲目の「Cherry」が流れると、集まったファンも一気にボルテージが上がった様子。

歌い終わると、「皆さんのおかげでオリコンチャートウィークリー7位になりました! ありがとうございます」と頭を下げ、会場ではお祝いムードで拍手が鳴り響きました。


続く2曲目へといく直前、メンバーが口々に言った「僕たちも今日何の曲をやるのか知らない……」「全部スタッフさんに任せているので」というコメントも本当だったようで、「Big Deal」のイントロが流れると、全員が「ちょっと待って待って」と急いで曲の準備に入っていました。

「間違えちゃった」と言いながらも何とかパフォーマンスを終えると、ラストの曲「Let’s go Crazy!」を立て続けに熱唱。

特に「Let’s go Crazy!」はライブの定番曲ということもあり、コール&レスポンスをメンバーもファンと楽しんでいました。


また11月29日、『イオンモールむさし村山』でも同イベントが開催されました。

NU’ESTはファンに対する“神対応”度が注目されていますが、「カップルトーク」では、ファンひとりひとりと短い時間ながら、熱心に話し込む姿が見られました。


緊張している女性に対しては優しく声をかけたり、かたや笑顔で盛り上がったりと、メンバーの誠実さがにじみ出ていました。


続く、「2shotセルカ撮影会」では、憧れのメンバーにくっついて2ショット写真が撮れるという夢の時間。


至るところでワー、キャーと黄色い声が聞こえており、交流を思い思いに楽しんでいた皆さんでした。


ただ写真を撮るだけではなく、「手を合わせましょう」や「今日初めてですか?」など、写真を撮る合間にもコミュニケーションをとろうと、日本語でのやり取りが飛び交っていて、“神対応”と呼ばれる所以がわかったような気がします。


NU’ESTは12月24日に「2015 クリスマス スペシャルイベント」も予定されています。ぜひチェックしてみてくださいね。

【関連記事】

※ 30歳のシシド・カフカ、「ひとりで生きていく覚悟を決めている」意外な理由とは?

※ グァンヒ、“ニンニクは木から実がなる”

※ 三代目・今市隆二、「Best Video of the Year」の受賞に「とてもうれしい」と満面の笑み