アメリカでは人気女優やセレブがダイエットや美肌のために取り入れている「グルテンフリー」。オーガニックレストランや自然食のお店では、グルテンフリーコーナーもできていますね。グルテンがなぜ美肌や肌の老化によいのか、グルテンフリーダイエットを健康的に行うコツについてお教えしましょう。

グルテンフリーってどんな食品のことなの?

グルテンは小麦粉を水に混ぜたときにできるたんぱく質です。これを含まない食べ物がグルテンフリー。言い換えればパン、パスタ、うどん、ラーメン、餃子、とんかつ、天ぷら、ピザ、焼き菓子など小麦粉を使わない食品や料理です。もともとは麦アレルギーの人やセリアック病(小腸の粘膜が炎症を起こして栄養の吸収が低下する病気)の人たちのために考えられた食事療法がグルテンフリーでした。現在では、ダイエットやデトックスなど美容食として注目を集めています。

まずは3日間で効果が実感できる

ダイエットや美肌の効果を得るには、これらの食事を3日間食べない食事を継続することです。そこで効果が感じられるので、できれば2週間ぐらいグルテンフリーにチャレンジしてみましょう。体の中から変わる感覚が得られるはずです。ちなみにごはんとイモは食べてOKなので、炭水化物はそれらから適量を摂取するようにしましょう。

なぜグルテンがいけないの?

グルテンを摂ると血糖値が上がり、インスリンが分泌され、糖を優先してエネルギーに換えようとします。そのため体内に蓄積された体脂肪が燃えず、さらに消費されない糖も脂肪細胞に蓄えられてしまうのです。そのため、肥満につながるだけでなく、皮脂の分泌が多くなり肌荒れやにきびが起こる原因にもなります。肌の老化物質AGEsも増えるので、くすみやたるみ、しわになることも。グルテンフリーにすることで体型だけでなく、肌へのマイナス効果を抑制できるのです。

グルテンフリーダイエットにはココに注意!

グルテンはたんぱく質の一種なので、体内のたんぱく質が減る分は、肉・魚などのたんぱく質を摂って補うようにしましょう。またどうしてもパンやパスタを食べたいときには米粉のパンやパスタがありますから代用しつつ、まずは3日間トライしてみてくださいね。


writer:松尾真佐代