「これから東京都心は『郊外』に学べ」と山崎亮は言った

写真拡大

東京はこれからどう変わるべきか。地域における人のつながりを見つめ続けてきたコミュニティデザイナーの山崎亮が、いま最も関心をもつのが郊外だ。超高齢社会の問題に20年早く直面した地方のナレッジは、そう遠くないうちに訪れる都市の課題を解決する手がかりになるかもしれない。(12月1日発売、雑誌『WIRED』VOL.20 「都市」特集より転載)

「「これから東京都心は『郊外』に学べ」と山崎亮は言った」の写真・リンク付きの記事はこちら

RYO YAMAZAKI︱山崎亮
studio-L代表、東北芸術工科大学教授(コミュニティデザイン学科長)、慶応義塾大学特別招聘教授。建築・ランドスケープ設計事務所を経て、2005年にstudio-Lを設立。地域の課題を地域に住む人たちが解決するためのコミュニティデザインに携わる。まちづくりのワークショップ、住民参加型の総合計画づくり、市民参加型のパークマネジメントなどに関するプロジェクトが多い。写真は、北海道沼田町の地域活性化プロジェクト「沼田町コンパクトエコタウン」で撮影。

12月1日発売の『WIRED』VOL.20は、「人工知能」と「都市」の2大特集・特別保存版
Amazonで購入する>>

第1特集「人工知能はどんな未来を夢見るか」では、ぼくらの暮らしのすべてを変えていくAIの向かう先を考える。第2特集「未来都市TOKYOのゆくえ」では、国内外で都市づくりを率いる9人による「未来のTOKYOのための4つの対話」、スター建築家ビャルケ・インゲルスのロングストーリー、「デスラボ」カーラ・マリア=ロススタインの死の都市TOKYO彷徨記など、読み応えのある記事を一挙掲載! テクノロジーとデザインが変えゆくTOKYOの未来の姿を考える。特集の詳しい内容はこちら。

──地方の活性化に向けて取り組んできた活動に対してさまざまな成果が評価されていますが、現時点では都市と地方のどちらに興味がありますか?

どちらかと言われれば、地方に興味があります。なぜならそこにいま、都市の未来を変える可能性があるからです。例えば超高齢社会の問題。日本の人口減少は2005年から始まったと言われていますが、地方ではその20年前からすでに始まっていて、どう対応すればいいのかというノウハウやナレッジが蓄積されつつあります。そこで生まれている工夫をうまく変換し、組み合わせれば、東京にも置き換えられる可能性があるかもしれない。地方をじっくり観察することで、都市の将来をイメージできるような気がします。人口減少や高齢化によって街が変わるプロセスを最先端で感じ取っているのが、オールドタウンと呼ばれる郊外住宅地でしょう。東京でいうと初期の多摩ニュータウンエリアで、75歳以上の高齢者が多く、子どもが少ないから小中学校も減っていくし、運転する人がいないからガソリンスタンドも少なくなる。そうやって問題がある程度行き着いたところから、物事が動き始める可能性があるのではないかと考えています。

──郊外住宅地でいま何が起こっているのでしょうか?

いま郊外に住んでいる75歳ぐらいの人たちにとって郊外住宅地は、都心のベッドタウンであり、都心に住みたくても条件が厳しいから仕方なく住んでいる場所という位置づけでした。一方、いま35歳ぐらいの人たちにとっては、固定費も安くて地元のお洒落な仲間たちがいて、地産地消でオーガニックで美味しいものを農家に習いながら育てて、生き生きと楽しく暮らせる場所になっています。自分たちにとっての憧れの暮らしが都心の近くでもできることを発見して、もう都心に戻ろうとは思っていない。まだ事例はありませんが、地方の成功事例としてよく知られる、徳島県神山町や島根県海士町のような新しい暮らし方のモデルが郊外住宅地から生まれてくるかもしれない。都市計画においてはそこに注目すべきだと思っています。

──地方と都市では問題の中身が異なると考えられますが、具体的にどのような問題が出てくると考えていますか?

超高齢社会問題が最ものっぴきならない状態にあるのが東京です。地方の高齢化率は35%だと言われていますが、現在15%を記録している東京はその数字にすさまじい早さで近づいている。なのに地方のような地縁型コミュニティはありませんから、都市という無縁地帯で急速に高齢化が進むという東京オリジナルの課題が生まれる可能性は極めて高くなっています。こうした問題は世界でも起きうることですが、東京が最も早く経験することになるでしょう。厚生労働省が発表している2025年問題は、団塊の世代が全員75歳を越え、会社の縁だけでつながっていた人たちが地域にコミットできないまま大量にあふれる状態がやってくるというシナリオです。さらに言えば、寿命だけは90歳まで延びたけれど何もやることがない人たちも増え続ける。こうした問題を都市はどう解決するのか考えなければなりません。

──今後、地方より都市の問題が増えてくるかもしれないということですね。

わたし自身、都市にかかわる仕事をすでにいくつか手がけています。墨田区の食育計画、立川の子ども未来センター、大阪市阿倍野区にある日本一の超高層ビル「あべのハルカス」のプロジェクトなどで、人と人とのつながりを取り戻そうという動きです。そこで実感しているのは、都市はこれほどまでにつながり下手なのかということ。わたしたちがこれまで手がけてきた活動ではまったく追いつけないというというのがよくわかってきたので、もっと仲間を増やして、試行錯誤を始めているところです。

──地域を変えるには大きなエネルギーが必要になると思うのですが。それをどう生み出すかが難しいように見えます。

方法はふたつあって、ひとつは、危機感を煽りマイナスの状況をゼロかプラスに変えさせること。高齢化や人口減少による課題を認識し、危機感を共有したうえで一緒に乗り越えようとするときに生まれるエネルギーは大事で、古典的な手法ではありますが、都市でもこうした手法は有効だと考えています。

それよりも有効だと考えているのが、楽しさを共有することです。マイナスではなく、ゼロやちょっとしたプラスをさらにプラスにするエネルギーは、楽しくて参加しないと損をする、というぐらいに思わせることで生まれてくる。例えば、ゲームやファッション、食など、感性に訴えかける手法を取り入れることによって、地域を変えるための活動に本気で取り組み続けるエネルギーを生み出すことができるのかをやってみたいですね。

──楽しさという感覚的なものをどう取り入れればいいのでしょう。これまで行ってきたようにみんなで集まって議論するだけではうまくいかないのですか?

ひとつ言えるのは、理性だけの時代が終わりつつあるということ。理性と感性でバランスを取りながら対話を進める必要があり、比重で言えば感性を重視した方がいいとさえ考えています。東京は理性で説明しなければ予算が動かないし、それで経済を動かすというメリットがあるので理性を優先しがちですが、合意形成となるとうまくいかず、理性で議論しても正解は一人ひとり異なり、違いを認めると言っても苦しくなるだけです。好きや嫌い、美味しいかそうでないという感性であれば、少なくともふたつのグループに分かれてそれぞれにとって最良の意見を出し合い、そのぶつかり合いからいいものが生まれるかもしれない。オモロイことがやりたいという感覚は誰でも共有できるし、信じて続けるエネルギーにもなる。理性のナレッジはだいぶ蓄積できたけれど、それだけではうまくいかないこともわかってきたので、日本ならではの感性を共有しあう方法論をもっと考えて発明し、充実させていかなければならないと感じています。

──「感性を共有しあう」という考え方はあまり聞いたことがないのですが、どこかにヒントになるような事例があるのでしょうか?

ヒントがあるとすれば、それはアジアにあるのかもしれません。日本よりも礼儀正しく、遠慮深く、恥ずかしがり屋の人たちが多く、物や神様を通じて間接的なコミュニケーションが形成され、うまくいっています。もちろん日本のなかにもヒントはたくさんあります。成功している都市の指標とされている人口やGDPといったこれまでにあるものさしを、感性のものさしに新たに置き換えるだけで大きな変化が生まれるかもしれない。だからこそいま都市のあり方について、郊外を見て学ぶことが必要だと考えています。

下記は、山崎が全国各地で手がけた「感性主導」のコミュニティデザインの事例。
SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 2_2_2

1/4120年前の酒蔵をリノヴェイションしてつくった「はじまりの美術館」
芸術教育を受けていない人たちが衝動や楽しさに駆られてつくった作品を展示する美術館。地域住民が主体となりプロジェクトを企画してつくったものだ。

2_12_1

2/4地域住民が主体となった観光イヴェント「瀬戸内しまのわ2014」
瀬戸内の魅力を発信すると同時に、少子高齢化や産業の担い手不足などの地域課題の解決に取り組む地域づくりイヴェントを400以上実施した。

2_11_3

3/4住民主体で農村の未来を構想する「沼田町コンパクトエコタウン」
北海道の中央に位置する日本有数の豪雪地帯、沼田町。家族経営の農家が多いこの農村で、「最期まで暮らせる街づくり」を住民主体で構想している。

fukuyama01

4/4病院が公民館的なスペースになる譜久山病院の「新しい病院づくり」
兵庫県明石市にある病院の老朽化にともなう移転計画。移転先の建物に「公民館的なスペース」を組み込むことで、病気でない人でも立ち寄れる場所をつくる。

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 2_2_2

120年前の酒蔵をリノヴェイションしてつくった「はじまりの美術館」
芸術教育を受けていない人たちが衝動や楽しさに駆られてつくった作品を展示する美術館。地域住民が主体となりプロジェクトを企画してつくったものだ。

2_12_1

地域住民が主体となった観光イヴェント「瀬戸内しまのわ2014」
瀬戸内の魅力を発信すると同時に、少子高齢化や産業の担い手不足などの地域課題の解決に取り組む地域づくりイヴェントを400以上実施した。

2_11_3

住民主体で農村の未来を構想する「沼田町コンパクトエコタウン」
北海道の中央に位置する日本有数の豪雪地帯、沼田町。家族経営の農家が多いこの農村で、「最期まで暮らせる街づくり」を住民主体で構想している。

fukuyama01

病院が公民館的なスペースになる譜久山病院の「新しい病院づくり」
兵庫県明石市にある病院の老朽化にともなう移転計画。移転先の建物に「公民館的なスペース」を組み込むことで、病気でない人でも立ち寄れる場所をつくる。

12月1日発売の『WIRED』VOL.20は、「人工知能」と「都市」の2大特集・特別保存版
Amazonで購入する>>

第1特集「人工知能はどんな未来を夢見るか」では、ぼくらの暮らしのすべてを変えていくAIの向かう先を考える。第2特集「未来都市TOKYOのゆくえ」では、国内外で都市づくりを率いる9人による「未来のTOKYOのための4つの対話」、スター建築家ビャルケ・インゲルスのロングストーリー、「デスラボ」カーラ・マリア=ロススタインの死の都市TOKYO彷徨記など、読み応えのある記事を一挙掲載! テクノロジーとデザインが変えゆくTOKYOの未来の姿を考える。特集の詳しい内容はこちら。