三菱東京UFJ銀行によるお詫びと注意呼びかけ

写真拡大 (全2枚)

 三菱東京UFJ銀行は11月30日、出会い系会員制サイト等運営者の預金口座の入出金明細が漏えいしたことを発表した。

 漏えいしたのは、振込依頼人(=出会い系会員制サイト等の利用者)の電話番号またはカナ氏名(どちらか片方のみ)。住所や口座番号等の情報は含まれていない。

 この出会い系会員制サイトでは、振り込みにあたり、振込人名として自分の電話番号またはカナ氏名の入力が行われていた。一方、三菱東京UFJ銀行の「残高照会ダイアル」に不備があり、不正アクセスすることで、振込依頼人名として入力された電話番号を入手することが可能となっていた。今回、警察より同社に連絡があり、これらの電話番号が架空請求詐欺に利用されていたことから、今回の漏えいが発覚した。

 「残高照会ダイアル」のアクセス記録全件(2015年4月28日〜10月28日分)を調査した結果、該当口座数は47口座で、入出金明細に振込依頼人名として記載されている電話番号・約1万4千件に漏えいの可能性があるとのこと。

 このシステム不備はすでに解消済み。過去にさかのぼっての調査も行っているという。

■関連リンク
金融犯罪にご注意ください | 三菱東京UFJ銀行