最終戦で日本人最上位に浮上した大山志保 五輪出場に向けて良い形でシーズンを終えた(撮影:米山聡明)

写真拡大

<女子世界ランキング>
 国内女子ツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」終了時の女子世界ランキングが発表され、同大会を単独2位で終えた大山志保が7ランクアップし日本人最上位に浮上した。
【関連写真】最終戦の激闘を写真で振り返る
 試合のなかった宮里美香は2つ順位を落とし38位。54位に上田桃子、61位に渡邉彩香、62位に成田美寿々が続いている。優勝した申ジエ(韓国)は33位に順位を上げている。
 トップ10は変わらず首位はリディア・コ(ニュージーランド)。インビー・パーク(韓国)、ステイシー・ルイス(米国)と続いている。
【女子世界ランキング】
1位:リディア・コ(12.25pt)
2位:インビー・パーク(12.13pt)
3位:ステイシー・ルイス(8.55pt)
4位:レクシー・トンプソン(7.54pt)
5位:ユ・ソヨン(6.45pt)
6位:フォン・シャンシャン(5.97pt)
7位:キム・セヨン(5.92pt)
8位:エイミー・ヤン(5.71pt)
9位:チョン・インジ(5.60pt)
10位:キム・ヒョージュ(5.46pt)
33位:申ジエ(2.72pt)
36位:大山志保(2.55pt)
38位:宮里美香(2.49pt)
54位:上田桃子(2.10pt)
61位:渡邉彩香(2.01pt)
62位:成田美寿々(1.96pt)
64位:横峯さくら(1.93pt)
69位:菊地絵理香(1.70pt)
159位:宮里藍(0.77pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>