次戦は国内ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<男子世界ランキング>
 最新の男子世界ランキングが発表され、国内男子ツアー「カシオワールドオープン」で優勝争いの末に2位となった石川遼が前回の165位から139位に浮上した。松山英樹が日本勢最高となる14位、片山晋呉が66位、池田勇太が92位にそれぞれに浮上している。
ホスト優勝に迫るも終盤に逆転され顔をしかめる石川遼
 ランキング上位に大きな変動はなく、今週のタイガー・ウッズ(米国)ホスト大会「ヒーロー・ワールドチャレンジ」で大会連覇を狙うジョーダン・スピース(米国)が1位をキープ。母国での「オーストラリアン・オープン」に出場しスピースと並んで2位となったアダム・スコット(オーストラリア)がトップ10入りを果たした。
【男子世界ランキング】
1位:ジョーダン・スピース(11.92pt)
2位:ジェイソン・デイ(11.61pt)
3位:ローリー・マキロイ(11.35pt)
4位:バッバ・ワトソン(7.49pt)
5位:ジャスティン・ローズ(7.36pt)
6位:リッキー・ファウラー(7.26pt)
7位:ヘンリック・ステンソン(7.14pt)
8位:ダスティン・ジョンソン(6.44pt)
9位:ジム・フューリク(5.98pt)
10位:アダム・スコット(4.74pt)
14位:松山英樹(4.23pt)
66位:片山晋呉(2.16pt)
92位:池田勇太(1.70pt)
104位:宮里優作(1.58pt)
110位:岩田寛(1.49pt)
112位:小平智(1.47pt)
139位:石川遼(1.26pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】
大失速で“ホストV”逃した石川遼 敗戦の要因は“松山との差”
松山英樹、岩田寛への処分は「何で?と思う」
金庚泰 2010年以来2度目の賞金王戴冠!次の目標は“岩田式PGAツアー挑戦”
R&Aもブラックゴルファー対策に本腰!あなたが気になるラウンドマナー違反は?