動画:これが風感じるイルミネーション、12月から東京駅八重洲口に。 Rhizomatiksの幻想世界 Tokyo Colors 2015

写真拡大

Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。東京駅八重洲口のグランルーフにおいて、12月1日より光と音のイルミネーションが始まります(1月11日まで)。開始前日の試験点灯の模様を動画でどうぞ。動画は2分35秒。

Tokyo Colors 2015では、24カ所に設置された風速風向センサーが八重洲口2階デッキのグランルーフを通り抜ける風を検知し、風の流れに合わせた光をリアルタイム生成して風を視覚化するイルミネーションを展開します。この演出を手がけるのはRhizomatiks(ライゾマティクス)。

「希望の芽」と呼ばれる約3000本の発光体が表現する光のゆらぎは、人々が行き交う東京駅にあって心地よい幻想空間となっています。定期的に音と光のイベントも実施される予定。 

動画は以上です。チャンネル登録の上お楽しみください。