お台場イルミネーションに 「リトルプリンス 星の王子さまと私」バージョンが登場

写真拡大

東京湾の夜景が一望できるスポット「お台場イルミネーション"YAKEI"」と、話題の映画 『リトルプリンス 星の王子さまと私』がコラボ。イルミネーションや関連映像の上映、パネル展示など、多彩なプログラムが揃う。

2015年11月16日(月)から2016年1月31日(日)まで、お台場の「デックス東京ビーチ」では、「お台場イルミネーション"YAKEI" 『リトルプリンス 星の王子さまと私』 ver.」を開催する。

まず目に入るのが、約40本の樹木と高さ約20mの「台場メモリアルツリー」によって構成される全長約200mの「樹木イルミネーション」。こちらは17時から24時まで、約22万球の光が点灯する。今回は、映画 『リトルプリンス 星の王子さまと私』 の日本語吹替版主題歌である、松任谷由実さんの曲「気づかず過ぎた初恋」がBGMとして流れるとか。

「イルミネーションの並木で、30分に1回、楽曲が流れます。曲が流れると7色の光が変化するので、音楽と光の演出をお楽しみいただけます」と、広報担当者さん。

また、3階のシーサイドデッキには、トンネル型の壁面から床面まで360度にわたって映像を投影する、アジア初の屋外参加型プロジェクションシステム「ILLUSION DOME(イリュージョンドーム)」を設置。期間中、ドームの中には映画 『リトルプリンス 星の王子さまと私』の世界が広がるそう。

「ドームの中では、映画 『リトルプリンス 星の王子さまと私』のミュージックトレーラー(予告編)上映も行われます。こちらは、約2分ほどのストーリーです。17時45分から上映が始まり、22時45分まで毎時45分に流れるので、特別な空間でぜひ体感してみてください」(同)

ドーム内に投影されている映画のキャラクターに触れると映画のシーンが流れたり、飛行機やバラの花に触れると星が輝いたり…まるで映画の中に入り込んでしまったような感覚を体験できるはず。


カップルに人気の「ハート型オブジェ」も、シーサイドデッキ3階に設置。2人でボタンを押すとハートに光が点灯するそう。ここでは、「台場メモリアルツリー」と「都心の夜景」「レインボーブリッジ」を1枚におさめることができるのも人気の理由のひとつ。

「2人でボタンを押すとハートに光が点灯するうえに、背景となる樹木のイルミネーションの光が変化するのがポイントです」(同)


シーサイドモール3階の「デックス広場」では、『星の王子さま』の作者であるサン=テグジュペリが愛用していたという飛行機「コードロン・シムーン」の1/3のレプリカや、童話を執筆したニューヨークの部屋をイメージした展示も。こちらは、「星の王子さまミュージアム 箱根 サン=テグジュペリ」の協力によるものだとか。

12月25日(金)までの期間は、デックスの館内で税込3000円以上のお買い物をすると応募用紙がもらえて、クイズに答えて応募すると、映画鑑賞券や映画の特製グッズなどが当たるキャンペーンも実施されるので、こちらも要チェック。


さらに、館内のレストランなどでは、星をモチーフにしたメニューも用意しているとか。例えば、「ディッピンドッツ・アイスクリームの、綿菓子のハニーコットンキャンディに星型のラムネをトッピングしたアイスクリーム「ステラ★」(450円)や、「アイランドヴィンテージコーヒー」の星型バナナで飾られた「グリルドサーモンプレート」(1890円)などを提供する。

映画 『リトルプリンス 星の王子さまと私』 を立体的に体感できるイルミネーションやイベントが揃ったお台場。彼や女友達と『星の王子さま』の世界を、東京湾の夜景とともに楽しんで。