亡くなる前まで活躍を報告していた今井洋介さん(ブログより)

写真拡大

 台本のない番組として人気を博したフジテレビ系のリアリティバラエティ番組『テラスハウス』(TERRACE HOUSE BOYS×GIRLS NEXT DOOR)に出演した、今井洋介さん(享年31)が急逝した。

 亡くなった11月23日未明はクラブDJをこなして、鎌倉市内の自宅へ帰還。ところが、実母に発見された時点で命は絶えていたという......。その独特でナチュラルな人柄から、「ようさん」の愛称で他の出演者からも、アニキ的に慕われていた。いまだ信じがたい番組ファンも多いだろう。

 見知らぬ男女が海の見えるお洒落なシェアハウスと車と最高の仲間を与えられ、さてどんな人間模様を織り成してゆくのか!? そんな暮らしぶりが同世代の若者たちに受けて映画化もされた略称「テラハ」(2012年10月~14年9月OA)。

 亡くなった今井さんは2013年7月から翌年3月まで出演し、その後も写真家・アーティストとして順調に活躍の幅を広げていた矢先のことだった。

日本家屋内の温度差が引き金となることも

 今井さんの死因は「心筋梗塞」。事前の痛みや変調が現われずに、突然発症する。2011年、サッカー元日本代表の松田直樹選手(享年34)が練習中にグラウンドで突然倒れて亡くなったニュースを思い出した人もいるだろう。

 心筋梗塞による心肺停止の発症率が高いのは10〜4月だ。急激な温度変化で血管が大きく変動(収縮・拡張)するため健康被害が多発する時期であり、この「ヒートショック」*による年間死者数は17000人(2012年度、国立循環器病研究センター調べ)。これは同年の交通事故死者数4611人のおよそ4倍だ。
*「死亡者数は交通事故の4倍! 冬に激増する『ヒートショック』の突然死を防ぐ」

 日本家屋によくみられる脱衣所や浴室と居間の温度差が、心筋梗塞や脳卒中の引き金となりやすいともいわれ、失神して溺死するケースも侮れない。

 また、この季節は、明け方の冷え込みと睡眠中の脱水や血圧変動などが重なって血管内のコブ(粥種)が破れて血栓ができやすい。それが3〜6時間経過した頃合いで血管を塞ぎ発作を起こすとも考えられ、午前9時~正午前後に心筋梗塞が発症しやすいという。今井さんの死亡推定時刻は午後1時頃というから、この傾向をほぼ裏付ける。

テラハ出演前にも......無謀なダイエットも原因か!?

 動脈硬化が主因の心筋梗塞だが、その危険因子としては高血圧・糖尿病・高脂血症などの持病、あるいは肥満・運動不足・喫煙・ストレス............これらが複数重なると、発症リスクは高くなる。決して高齢者だけのリスク因子ではない。

 実は「テラハ」の一部出演者の喫煙場面や多煙率については、ネット上でも「タバコと酒両方じゃ身体の内外が痛んでいくスピードも......」などと書き込まれて論議を呼んでいた。

 今井さん自身は昨年4月、ブログで禁煙1週間目の心情を報告。「お酒の席でタバコを吸わなかったことで自分の意思に自信を持ちました」「タバコを買っていたお金がほかのことに使えて調子いい!」と継続を誓っていたが......。

 では、前掲のネット投稿で「タバコと酒両方じゃ身体の内外が......」云々と書き込まれた一方の、"飲酒と急性心筋梗塞の因果関係"はどうなのだろうか?

 これに関しては、ノルウェーで約6万人を対象に行なわれた約12年間に及ぶ追跡調査の結果によると、軽めから人並み程度の飲酒量では急性心筋梗塞のリスクが「低い」と判明。

 しかも1日当たりの飲酒量が1ドリンク増えた場合、むしろ反比例して同リスクが「30%近く減少する」という。あくまでも程々の愛飲が条件だが、"酒は百薬の長"説はどうやら真理のようだ。

 また、身長185僂虜0罎気鵑蓮▲謄薀禄弍藾阿2010年当時、体重100圓鯣焦で65圓泙埜採未垢襪箸いμ誼磴焚畊鵐瀬ぅ┘奪箸膨んだという。関係者の証言では「太る体質だったようで......。それ以降も、急な減量を行っていたらしい」ので、不規則な食事制限の繰り返しなどが、急逝の引き金になった可能性も捨てられない。
(文=編集部)