27日、前瞻網は記事「世界よ、これがカメラだ!サムスンが最新テレビCMでiPhoneを嘲笑」を掲載した。iPhoneではぼけぼけになる場面でもGalaxyなら鮮明に撮れるとアピールしている。写真はサムスンのスマートフォン。

写真拡大

2015年11月27日、前瞻網は記事「世界よ、これがカメラだ!サムスンが最新テレビCMでiPhoneを嘲笑」を掲載した。

先日、米国でサムスンの新型スマートフォンGalaxy Note5とGalaxy S6 edge+の広告が公開された。カメラ性能の高さを伝える内容で、シャープさ、スピード、鮮やか、明るさ、画質の良さをアピールしている。

CMのラスト、明るさの項目ではiPhoneの比較がされている。薄暗い室内の撮影でもGalaxyは鮮明な画像を撮影しているが、iPhoneはぼけぼけ。そこに「これはiPhoneではない。Galaxyだ」とのコピーが表示される。アップル社の宣伝コピー「iPhoneでなければiPhoneではない」をもじったものだ。打倒iPhoneの意気込みが感じられるCMと言えそうだ。(翻訳・編集/増田聡太郎)