Doctors Me(ドクターズミー)- 薬に頼りたくない人必見! 蕁麻疹(じんましん)に効く漢方薬があるのをご存知?

写真拡大

みなさん「蕁麻疹(じんましん)」という名前を一度は聞いたことがあるかと思います。皮膚が赤くなってかゆみをともなう症状ですが、その原因はさまざまです。主に薬を用いて治療をしますが、実は蕁麻疹に効果的な漢方薬があるのをご存知ですか?

今回は蕁麻疹の原因や症状、漢方薬を用いた治療法について、医師に聞いてみました。

そもそも「蕁麻疹」とは?

「蕁麻疹(じんましん)」とは、皮膚の病気の一つです。
皮膚の一部に、赤み(紅斑・こうはん)をともなう皮膚の盛り上がり(膨疹・ぼうしん)ができます。膨疹の大きさは、数ミリ程度のものから数10センチのものまでさまざまです。これは持続するものではなく、ある程度の時間がたつと消退します。数分から数時間で消退することがほとんどですが、なかには半日から一日持続する場合もあります。皮膚の一部分に、このような一連の流れを呈する皮膚の病気のことを、蕁麻疹といいます。

主な症状は“かゆみ”と“痛み”

蕁麻疹の主な症状は、掻痒感(かゆみ)です。なかには痛みをともなうこともあります。
しかし、重症な蕁麻疹の場合は、目のまぶたや唇が腫れ、下痢や呼吸困難といった危険な状態に陥ることもあるため、万が一このような症状を自覚した場合は、早急に病院への受診をしなければなりません。

蕁麻疹は大きく分けて2種類

蕁麻疹は“アレルギー性”と“非アレルギー性”の2つに分けられます。

アレルギー性の蕁麻疹の原因は、食べ物や薬剤、食品添加物、動物、植物などがあります。一方、非アレルギー性の蕁麻疹は、寒さや熱さ、摩擦(下着や洋服などによる)、紫外線、圧迫、振動、ストレスなどといったものがあります。

どんな治療をするの?

根本的な治療は、蕁麻疹になった原因を見つけて、それを取り除くことです。しかし実際は、なかなか原因を特定できないことが多いため、薬で治療を行います。

薬の治療の中心となるのは、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬です。かゆみ止めの塗り薬を併用することもあるほか、症状がひどい場合はステロイドの薬剤も使用します。このような薬にはアレルギー反応を抑える効果がありますが、アレルギーが起こることを抑える薬ではなく、あくまで蕁麻疹の症状を抑える対処的な治療になります。

漢方薬という選択肢も

アレルギーを持っている人は、アレルギーとずっと付き合っていかなければならなのですが、アレルギーの体質が改善できることもあります。
漢方薬にはさまざまな種類がありますが、蕁麻疹に効果が期待できる漢方薬は、
・葛根湯
・十味敗毒湯
・大柴胡湯
・消風散
・茵蔯五苓散
・茵蔯蒿湯
・大柴胡湯去大黄
・桂麻各半湯
などがあります。症状に合わせて漢方薬をうまく利用しながら、辛い蕁麻疹を取り除きたいものですね。

医師からのアドバイス

蕁麻疹を引き起こす原因はさまざまありますが、根本的な治療は、蕁麻疹を起こした原因の除去です。原因が特定できない場合は、漢方薬を使った治療も視野にいれてみるといいでしょう。

(監修:Doctors Me 医師)