Doctors Me(ドクターズミー)- お口の中を清潔に! 医師が教える正しい“入れ歯のメンテナンス”とは?

写真拡大

毎日歯磨きをするように、入れ歯も常に清潔を保つよう毎日のお手入れが必要です。汚れたまま装着をしていると歯周病や口臭の原因になるだけでなく、部分入れ歯の場合は残った歯が虫歯になることもあります。

入れ歯を快適に長く使うためにも、ここでは正しい入れ歯のメンテナンスについて医師に聞いてみました。

正しい入れ歯の磨き方

まずは、入れ歯の歯磨きをしっかり行うことが大切です。以下の4ステップに習ってトライしてみましょう。

1.普通の歯磨き粉は使わない
歯磨き粉の研磨剤によって入れ歯の表面に細かい傷ができると、汚れが落ちにくくなってしまい、雑菌の温床となってしまいます。使う場合は、入れ歯専用のものを選びましょう。

2. 入れ歯専用ブラシを活用する
入れ歯専用ブラシは、力を入れて広い範囲を磨くことができます。また、細かい部分も磨きやすいようにブラシが2ヶ所についているものもあります。

3. 端までしっかり磨く
入れ歯の端や義歯床とよばれる口の粘膜にあたる部分までしっかり磨きましょう。ぬるぬるが取れるまで磨くことが大切です。このような場所は汚れがたまりやすく、かつ汚れていると正常な歯肉や残存歯にも悪影響を及ぼします。

4. 義歯洗浄剤を活用する
義歯洗浄剤で全体の洗浄、殺菌を期待できます。ただ、ものによっては入れ歯の素材と相性が悪いものもあります。どのような洗浄剤を使うといいのかは、歯科で相談しましょう。また、口に入れる前にしっかりゆすぎ、ブラシをかけて洗浄成分が口の中に入らないようにしましょう。

残った歯も忘れず、清潔に!

口の中が汚れていると、食べ物や唾液が間違って肺に入ってしまう「誤嚥性肺炎」という病気を起こしやすくなります。残った歯の歯磨きもきちんと行いましょう。

特に総入れ歯の場合、1本も歯がないので歯磨きをしなくていいと勘違いをしている人も多いですが、歯肉や上あごを柔らかい歯ブラシやスポンジブラシで磨いて食べかすを取り除き、血行を促進させてあげましょう。口の中が乾燥しやすい場合は、磨いた後で専用のジェルを塗ることで、保湿と保護をしましょう。

入れ歯がガタついたら…

入れ歯を作ってぴったり合ったと思っても、歯茎の痩せなどにより、ガタつきが出てくることもよくあります。ガタつきを抑えるためのジェルなどの安定剤も市販されていますが、それにより歯茎に力が伝わらず、さらに痩せる原因にもなるといわれています。また粘膜への弱い刺激作用がある安定剤もあります。歯科を受診して入れ歯の調節をしてもらうことが原則ですし、安定剤を使う場合でも歯科医と相談して使うほうがよいでしょう。

定期検診を忘れずに!

何か異常を感じた時だけでなく、特に痛みやガタつき、変な音などの異常を感じなくても3カ月〜1年に一回程度、定期的に歯科で入れ歯の調節をしてもらいましょう。自分ではできない歯石をとってもらったり、歯茎やあごの骨の痩せに応じて入れ歯の調節をすることで、同じ入れ歯を長持ちさせることができますよ。

医師からのアドバイス

一度作った入れ歯、特に素材や部品にこだわって保険外で作った入れ歯は、長持ちさせたいですよね。まずは、口の中を清潔に保つことが第一です! 入れ歯のメンテナンスに気を付けて、快適に長持ちさせるようにケアしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)