お肌や髪の毛がしっとりツヤツヤなのは女性ホルモンのおかげです。若い頃は特別なケアをしなくてもツヤや潤いがキープできますが、残念ながらその内側から滲み出る美しさは年齢とともに失われていくもの。それはすべての女性が避けることのできない「女性ホルモンの減少」によるものです。でも心配しないで!女性ホルモンはコントロールすることができるのです。女性ホルモンを増やせば、いつまでも若々しさやツヤ、潤いを楽しむことができますよ。

女性ホルモンのメインの働きは妊娠・出産

本来の女性ホルモンの働きは、女性が妊娠して子供を産むことにあります。そのために女性らしいボディライン、肌や髪の潤いやツヤを作ってくれるのが女性ホルモンなのです。女性ホルモンの分泌は初潮を迎えるころから増え始め、ピークとなるのは20代後半。その後は、少しずつ減り始めます。卵巣の働きが衰える30代前半や、閉経年齢となる50才前後は、女性ホルモンの分泌がグッと下がりますが、最近では、更年期の年齢でもないのに、イライラやのぼせといった更年期特有の症状に悩まされている若い女性も多いのです。

女性ホルモンを増やす習慣を生活に取り入れよう

女性ホルモンは、女性の美しさや妊娠・出産だけに関係しているのではありません。内臓脂肪が溜まるのを防いだり、骨を丈夫に保つのも女性ホルモンの働きなのです。つまり健康面でも重要だということ。そんな女性ホルモンを増やさない手はありません。

テク1:食べ物で女性ホルモンをアップ

女性ホルモンと似た働きをする栄養素は大豆イソフラボンだということがわかっています。大豆製品を積極的に食べることで、失われた女性ホルモンを補うことができます。また、女性ホルモン自体を増やすには、女性ホルモンを作る原料となるタンパク質を多めに食べるのが効果的。コレステロールが多いといって敬遠されがちな肉類や卵、魚もしっかり食べるようにしましょう。ミネラルのひとつである亜鉛には、女性ホルモンを正常に機能させる働きがあります。亜鉛を多く含む食品は豚肉や牡蛎などです。

テク2:ホルモン分泌のゴールデンタイムに寝る

女性ホルモンの分泌を減らさないためには、しっかりと睡眠を取ることも大切。睡眠不足が続くと、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減ってしまいます。睡眠不足が続くとストレスが増し、女性ホルモンのバランスが崩れるという悪循環に陥ってしまいます。しっかり眠るなら、夜10時にはベッドに入りましょう。寝ている間に体をリセットする成長ホルモンの分泌は夜中の12時以降がピーク。眠りに入ってから2時間経過後から分泌が始まるので、それに合わせて眠りに入るといいのです。成長ホルモンの分泌を促すことでストレスがリセットでき、女性ホルモンのバランスも整ってきます。10時のゴールデンタイムが難しい人はせめて12時前のシンデレラタイムに眠りにつきましょう。


writer:岩田かほり