女子ラグビー界の総力でつかんだ五輪キップである。表彰式後の"ビクトリーラン"。観客席には辛苦の時代を知る歴代の15人制、7人制日本代表の選手や、代表落ちした7人制スコッド(代表候補)たちも応援に駆けつけていた。晩秋の夜の寒さの中、涙ながらに祝福してくれるラグビー仲間の姿を見た時、33歳の一児の母、兼松由香も泣いた。

「びっくりしました。これまで一緒に戦ったメンバーや先輩たちも喜んでくれている。みんな、男子に負けないぐらい、ラグビーにかける思いが強かったと思うんです」

 1980年代から始まった日本の女子ラグビー。ずっと陽の目を見なかった女子ラグビーが、これほど世間の注目を集めるとは。この日の観客が約6000人。バスケットボールから転向してきた中村知春主将も言った。

「代表選手12人、スコッドのみなさん、過去に桜を背負って戦ってくださった女子選手のみなさん、その方々の積み重ねがあったから、いまの私たちがある。みなさんに、やっと(五輪キップを)取ったという報告ができて、うれしかったです」

 29日。東京・秩父宮ラグビー場で行なわれた7人制ラグビー(セブンズ)のリオデジャネイロ五輪女子アジア予選の日本大会。日本代表『サクラセブンズ』が香港大会に続いて優勝し、リオ出場を決めた。

 リーグ戦ではカザフスタンに5−7で敗れ、五輪出場を決めることができなかった。2時間半後の決勝戦。選手のロッカー室には、元日本代表選手たちの激励の言葉が書かれた日の丸の旗が掛けられていた。こんな書き込みがあった。<エディーさん、男子のみなさん、ごめんなさい。世界で一番走ってきたのは、わたしたちです>。中村主将が笑いながら思い出す。

「たしかになあ、って思いました。自信になった。死ぬ思いをしながらの、5年間の苦労でしたから」

 決勝はカザフスタンとの再戦。それまでの7分ハーフと違い、決勝は10分ハーフ。相手がフィジカル勝負でくるのは分かっていた。でも体力勝負なら自信がある。日本は走って、走って、走りまくった。

 ディフェンスでは、1人目がロー(低い)タックル。2人目が素早く寄る。倒れても、すぐに立ちあがる。攻めては、フェーズ(局面)をしつこく重ねていった。

 決勝トライは後半7分だった。PKから立て続けに速攻を仕掛ける。155cmの大黒田裕芽が小さいスペースに走り込み、タックルを受けながら、ロングパスを左外に飛ばした。大黒田がユーモラスな口調で振り返る。

「ミフユ(小出深冬)ならトライしてくれるだろうって。だって、『勇者モード』があるので。"もう、お願い"っていう感じでした」

 勇者モードとは、19歳の小出の前に走るコースが突然、生まれることだそうだ。大黒田の期待通り、小出は1人目をステップでかわし、内側に切れ込んで、相手2人を置き去りにしてしまった。中央にトライ。

 ゴールも決まって、14−7とした。勝敗の帰趨(きすう)は決まった。小出の述懐。

「勇者モード、できました。スピードに乗っているところでパスがきて......。結構スペースが見えた。苦しい時間帯だった。自分のトライで日本の流れになってよかったです」

 もっとも日本の底力を見せたのは、その直後だった。カザフスタンが反撃する。自陣深く蹴り込まれた時、日本はほぼ全員が懸命に戻っていた。小出がセービング。冨田真紀子がこれをサポートし、山口真理恵がボールをさばき、窮地を脱した。

 試合後の優勝インタビュー。浅見敬子ヘッドコーチ(HC)は声を張り上げた。「とにかく、しつこさ、粘り強さを見せてくれました」と。

 そうなのだ。このチームの強みは、「ひたむきさ」と「素直な心」である。やっと日本女子ラグビーにスポットが向けられたのが、7人制ラグビーの五輪競技入りが決まった2009年からである。日本協会も強化に本腰を入れ始めた。

 浅見HC以下、このチームの母体がスタートしたのは東日本大震災が起きた2011年だった。当時、アジアでは中国、香港に大敗し、タイにも勝てなかった。体格で劣る日本の生きる道は「世界一のフィットネス(体力)」を身に付けることだった。

 体が小さくとも、パワーやスピードがなくとも、日本には考え、信じ、鍛え、挑みかかる気概があった。チーム目標は「みんなで走り勝つこと」だった。

 年間200日以上にもおよぶ合宿、遠征の繰り返し。1年目の2011年はフィットネス強化を徹底し、2年目の12年にはストレングス強化を導入した。13年、スピード・トレーニングを加え、14年からはラグビーの戦術、テクニックを磨き始めた。

 一貫していたのは、走り込みの質量である。例えば、恐怖の千葉・勝浦合宿。朝5時に起きて海岸まで2km走って、砂浜でひたすらタックル練習に励む。帰り道は上り坂ダッシュ。砂と汗だらけの顔の代表選手たちは、地元の人から畏怖の目で見られていた。

 代表選手は多くのものを犠牲にして、猛練習に励んできた。兼松は8歳の愛娘とほとんど離れ離れの生活となった。試合後、スタンド前に並んだ時、兼松は、ダッシュで駆け寄ってきた愛娘を、黒色のベンチコーチで包むようにして抱きしめた。涙声で漏らす。顔はファイターから、優しい母のそれに変わっていた。

「寒かったこともありますが、とにかく、(娘に)触りたかったんです。やっと抱きしめられたなって。あとで金(優勝)メダルを(娘に)かけてやりました」

 アジアで勝ったサクラセブンズだが、ニュージーランドやカナダ、豪州などの世界トップクラスとの差は、まだまだ大きい。でも、男女15人制、男女7人制の中で、もっとも世界トップとの距離が短いのは間違いなく、サクラセブンズである。

 まずはもう一度、個人のフィジカル、フィットネス、技術から鍛え直さないといけない。アタックで抜く力、ディフェンスで倒し切る力、そしてパススキルも。休む間もなく、ワールドシリーズの転戦が始まる。

 中村主将は宣言した。

「このチームの目標は(リオ五輪の)金メダルです。ここがスタートラインと思ってやっていきます」

 この4年間の伸び率を考えると、あながち夢物語ではあるまい。あと9カ月。今度はリオ五輪に向けて走る。ひたむきに。

松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu