ブーツの季節がやってきました。オシャレができる反面、ムレや臭いとの戦いも大変ですよね。足が臭かったらいくらオシャレをしても台無し。すぐに無臭にできる裏技や臭いの発生を抑える裏技を紹介しちゃいます。

臭いのもとは納豆と同じ!?

同じ汗をかいても体や頭はそこまで臭わないのに、どうして足の臭いは激臭になってしまうのでしょうか? それは足の臭いの主な原因となっている「イソ吉草酸(きっそうさん)」という物質にありました。「イソ吉草酸」とは足に存在する雑菌が、足の汗や角質など雑菌をエサにし増殖し、その時に出る分泌液。これがあの足の嫌なニオイの原因になっているのです。この物質は納豆などの発酵食品が発する臭いでもあり、なんと悪臭防止法という公害を抑制する法律で規制されているほどの悪臭なのだそう。それほどに鼻につきやすく人を不快にする臭いということなのですね。

どうやったら足の臭いを消せるの?

同じ靴を何日も履き続けたり、裸足にスニーカーのようなムレやすい状況で一日いると、足自体が臭って洗っても取れないことがあります。これは足の角質は粗く、その隙間に汚れや臭い菌が入り込んでしまうため。でも即効性がありよく効くのが「重曹足湯」です。洗面器などにお湯と大さじ2〜3杯の重曹を入れて足湯をするだけできつい足の臭いが消えちゃうのです! これは弱アルカリ性の重曹が酸性のイソ吉草酸を中和してくれるため。直接重曹を足に擦り込むとより効果があります。クエン酸も一緒に入れると炭酸泉と同じ効果になるので、足がツルツルスベスベになりますよ!

靴の臭いを消すにはどうしたらいいの?

できるだけ靴はローテーションで履き、同じ靴を履かないようにします。履かない靴にはストッキングなどに入れた重曹を入れておけば脱臭と湿気取りの効果があります。また、どんな激臭でも無臭にすると話題の「グランズレメディ」という消臭製品があります。これはミョウバンなどの成分を粉にしたもので、返金制度があるほど消臭に自信がある製品。使い方は靴の中に粉をふりかけるだけ。そのまま履いてもOKで、臭いのしみ込んだ靴でも無臭になるとのこと。この製品にも使われているミョウバンは消臭で有名な成分で、ミョウバン水を靴や足に吹きかけても消臭効果があります。

重曹やクエン酸、ミョウバンはスーパーやドラッグストアで安く購入できます。今日から防臭対策始めましょう。忘年会やパーティなどで、靴を脱ぐのが怖いなんて、残念すぎますもんね。


writer:しゃけごはん