いま日本で新車購入できる日本車のなかで、もっとも汗臭く、もっとも暑苦しく、同時にもっともアブラ臭く、そしてもっともオタクなクルマはなにか......と問われたら、ワタシは迷うことなく、このクルマだと断言したい。スバルWRXのSTIである。

"WRX"といえば、かつてはインプレッサシリーズのひとつで、世界ラリー選手権用に開発された超体育会系スポーツモデルだった。しかし、現行モデルからは(基本設計が実質インプレッサの強化型なのは変わらないけど)、インプレッサとは別商品の"WRX"として格上げされている。

 そんな最新WRXの売れ筋はオートマの"S4"というモデルで、上級のレガシィに匹敵する快適装備に、最新鋭の直噴ターボエンジン、そして自慢の事前察知型安全システム"アイサイト"などをフル装備する。それはハイテクで今っぽい高級スポーツセダンだ。

 いっぽうで、モータースポーツを意識したWRX STI(以下、STI)も健在。今回の主役もそのSTIである。現在のスバルは世界選手権レベルのモータースポーツ活動はしていないが、新しいSTIもプライベーターの手で、世界中のラリーやレースで広く使われている。そんなSTIのエンジンや4WDシステムは、同じWRXでもしょせん民生用(?)のS4とはまったくの別物である。

 STIのエンジンは308馬力という怪物級のピーク性能をもつが、最近ハヤリの低回転型の直噴ガソリン式ではない。むかしながらの間接噴射式で、素直に大量のガソリンを燃やしながら、8000rpmなんていうバカバカしいほど超高回転まで回る古典的な高性能エンジンだ。しかも、そこまでの吹け上がりは、脳天が突き抜けるほど鋭くスムーズ。

 ただ、4000rpm以下では最近の感覚ではビックリするほどセンが細いので、MTを駆使して、エンジンの気持ちいいツボをきちんと使わないと、STIは思ったほど速くない。そして、そのMTのクラッチペダルは、女性では難儀なほど重く、レバーもゴリッと硬質な手応え......と、いちいち汗臭い(笑)。

 このハイパワーを使いこなすのに必須の4WDシステムも"DCCD=ドライバーズ・コントロール・センター・ディファレンシャル"というマニアックかつ独特のもの。専門的にいうと、前後の駆動配分をつかさどるリミテッド・スリップ・ディファレンシャルのロック率の可変制御を、ダイヤルとボタンで自由に変えられる。

 ......と書いても、筋金入りのオタク以外はなんのことやらサッパリだろう。基本的にはリヤタイヤ優勢の駆動配分で、4WDとは思えないほどグリグリ曲がる。そのぶん路面状況や乗り手のスキルによっては不安定に感じることもあるが、そういう場合にダイヤルやボタンで"4WD感=安心感"を増すこともできる。とどのつまりは、なんともアブラ臭くてオタクっぽいメカなのだ。

 ちなみにいうと、このエンジンと4WDと6MTは、まるごと先代インプレッサSTI(第7回参照)と同じ。もっというと、このEJ20型というエンジンも、DCCD式の4WDシステムも、初登場からすでに20年以上が経つ。そう、このSTIは、最新設計のボディに、20年選手の駆動系を移植したクルマなのである。もうひとつちなみにいうと、パワーステアリングやパーキングブレーキまでも、STIはあえて旧式のものをそのまま使っている。

 というわけで、最新のSTIの味わいも、これまでのSTIそのまんま。それを味わうにはそれなりのウデと知識が必要だが、うまくツボにハマったときの速さと快感といったら......もう筆舌に尽くしがたいものがある。

 なんせエンジン、変速機、駆動系、パワステなど、人間の操作に直結する部品は、ほぼすべてが長年の熟成がきわまっているから、それも当たり前。ただ、ボディやサスペンション、タイヤといった基本フィジカルが進化したぶん、実際の走りは史上最高にキレキレになっているが!

 今の時代はどんな高性能スポーツカーでも、あくまでイージードライブで、さわやかな燃費の良さを追求するのが正義である。なのに、このSTIだけはいまだに、いちいちメンドくさく、お世辞にも環境にいいとはいえない技術を、確信犯的にそのまま使っている。冷静に考えれば、STIはいまどき笑っちゃうほどバカバカしいクルマである。ただ、好き者には、それがもう、たまらなくツボなのだ。

佐野弘宗●取材・文 text by Sano Hiromune