写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アシストは、同社が提供するセルフサービス型分析プラットフォーム(セルフBIツール)「Qlik Sense 」において、テクノロジー・パートナーであり、GISソリューションの専門企業である仏Business GeograficのQlik Sense専用の地図連携ソリューション「GeoQlik for Qlik Sense」の販売を12月1日より開始すると発表した。

GeoQlik for Qlik Senseは位置データと地図データを相互に関連付けたグラフィカルな表現機能を持ち、Qlik Senseのひとつのチャートとして動作する。

エンドユーザは地図上で見たいところをクリックするだけで、位置情報と連動したデータを地図上で分析することができる。これにより、OpenStreetMapなどのWebマップ上に多彩なチャート表現や、複数レイヤーを重ねた表示、粒度の異なる複数の情報を同時に表現することが可能だという。