Umbrella stand

写真拡大 (全8枚)

 KDDIと沖縄セルラーは30日、スマホと連携するインテリア雑貨「Umbrella stand(傘立て)」「Dust bin(ゴミ箱)」を発表した。auオリジナル商品として、12月1日より「au WALLET Market」などで販売を開始する。

 「Umbrella stand」「Dust bin」は、いずれも通信機能を搭載するIoT型のインテリア雑貨。専用のアプリをダウンロードしたスマートフォンを持って近づくと、「Umbrella stand」は、降水確率に応じてオレンジ(晴れ)、白(曇り)、青(雨)に、底部のLEDが点灯する。天気の詳細をアプリで確認することもできる。「Dust bin」も同様に、近づくとゴミ箱がLEDで光って、ゴミの収集予定を色で通知する。アプリにも通知が行われるゴミ収集曜日はアプリで自由に設定可能。

 商品は、auショップ店頭、au WALLET Marketサイト、および原宿にあるHYPER MARKET(12月中旬より)にて発売の予定。