桐谷さんの2015年株主優待ライフの総決算! 株主優待株を「買った」「売った」愛憎劇を公開!

写真拡大

8月のチャイナショックのタイミングで、ここぞとばかり株主優待株を買い漁った桐谷さん。株主優待株投資としては最高の1年になったのかと言えば、そうでもないらしい。ここに、桐谷さんの様々な株主優待株との愛憎劇を大公開!

今年も株主優待をしっかり使い倒して
おしゃれなフレンチも頂きました!

 浮き沈みの激しかった2015年も残りあとわずか。そこで、桐谷さんの株主優待株の投資にも色々なドラマがあったはず、と1年を振り返ってもらった。

 例年通りに、ありとあらゆる場面で株主優待を使いまくって生活した桐谷さんだが、利用しまくった株主優待株ナンバー1は、やはり定番のコロワイド(7616)。

「rikaさんなどの株主優待友達に連れられて『北海道』以外のおしゃれな店にも行けたし、やっぱり使い勝手は一番です」

 反対に、新たに買ったのに使いこなせず悔しい思いをしたのは大倉工業(4221)。ホテルでの宿泊を楽しみにしていたのだが、届いてみたら無料券ではなかったため、1銭も払うのが嫌な桐谷さんには出番のない銘柄に。

今年は「利食い千人力」を心から実感、
その一方で優待不発のガッカリ銘柄も!

 2015年は株主優待利用だけに終わらず、ちゃっかり株主優待株で儲けも出している点にも注目だ。クリエイト・レストランツHD(3387)は、株主優待のための最低単元は残しつつも、上昇した際に2回にわたって利益を確定。

 このほか、日本コンピュータ・ダイナミクス(4783)は、下がっては買い、上がっては売りを繰り返して儲けを出した。

「“利食い千人力”という格言を実感した年でしたね。少しずつ利食いしていれば、9月の急落に巻き込まれなかったわけですから。でも、急落では安い株をしこたま買えましたし、振り返ると結構いい年だったかも」

 株主優待が不発のGMOリサーチ(3695)や株主優待廃止の魚力(7596)などで泣かされたものの、使ったことがなかった進学会の株主優待で初めて買物できたことは嬉しい思い出に。

 今狙っているのはジーフット(2686)。「株主優待でいい靴を買いたい」と株価が下がるのを待ち構えている桐谷さんなのであった。