偽メールの内容

写真拡大 (全2枚)

 フィッシング対策協議会は30日、「住信SBIネット銀行」を騙るフィッシングサイト(偽サイト)が出現したとして、注意を呼びかけた。

 それによると、「住信SBIネット銀行より大切なお知らせです」というタイトルのメールが出回っているとのこと。17日午前の時点で、フィッシングサイトは稼働中となっている。

 メール本文は、「お客様はアカウントが凍結?休眠されないように、ただちにアカウントをご認証ください」といった内容で、偽サイト「http://www.netbk.co.jp.●●●●●.date/wpl/NBGate/i010101CT/DI01010215」などに誘導し、アカウント情報を入力させる典型的なスパムメールとなっている。文面の一部が不自然な日本語で、注意していれば気付きやすいが、今後類似の他メール・他サイトが現れる可能性もある。

 同協議会では、このようなフィッシングサイトで、アカウント情報(ユーザーネーム、Webログインパスワード、Web取引パスワード、第3認証方法)などを絶対に入力しないように注意を呼びかけている。