男の着こなし最強のメソッド 服は口ほどにものを言う

写真拡大

「ぼろは着てても こころの錦」。歌手の水前寺清子の演歌にそんな一節がある。「どんな花より きれいだぜ」と続く。流行ったのは昭和の時代だ。今は服装に対する考え方もずい分と変わってきて、5年前には11月29日が「いい服の日」と登録された。いい服を着て、着こなし上手になりたいが、目立ち過ぎるのは失格だ。各分野の第一人者のアドバイスやヒントを参考にしてほしい。

J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも特集記事を公開中。

服を甘く見てはいけません

日本のサラリーマンはドブネズミだとしばしばいわれてきた。黒っぽい同じような背広を着て個性も感じられない。集団の中で目立たないのが安全な生き方だった。だが、世界と戦うグローバル時代では、そんな守りの服装では負けてしまう。

『男の着こなし最強のメソッド 服は口ほどにものを言う』(著・鈴木晴生、1404円、講談社)は、ファッション業界のご意見番として知られる、セレクトショップ「SHIPS」の顧問、鈴木晴生さんが服選びとコーディネイトの秘訣を伝授する。

説いているのは「服を甘く見てはいけない」ということだ。周囲からは想像以上にみられている。服装は自ずと内面をさらけ出すが、その98%は自己責任。靴が汚いのは無神経な人だし、腕時計と筆記具に配慮がない男はツメが甘い。男の洋服哲学として「誰からも一目おかれる着こなし術」について具体的に語る。

ほんのわずかの色の違いや形の違い

2人のうちどちらの人物に1億円の小切手を預けられますか。同じ人物が違う服装で写真に並んでいる。右手は「花紺」といわれる紺色のスーツと赤のネクタイ、左手はダークグレーのスーツと紺のネクタイを身につけている。アンケートをすると、9割以上が左を選ぶ。右は派手に見え悪目立ちしているのに対し、左は無理のない調和感があり信頼度が高いと判断された。ほんのわずかの色の違い、形の違い、サイズの違いが予想以上に印象を左右するのだ。

『なぜ一流の人はみな「着こなし」にこだわるのか?』(著・山崎真理子、1620円、すばる舎)によれば、ビジネスではちょっとした着こなしの差が勝敗を分ける。「おしゃれ」といわれたら失格なのだ。仕事よりも見栄えを優先にしていると思われるからだ。

着こなしを良くするためには自分の特徴をつかみ、目立たなくても「似合うものを見つけるスキル」を手に入れることが必要だという。著者の山崎真理子さんは今話題の「骨格診断」の専門家で「骨格診断&カラーファッションアナリスト」という肩書を持っている。

タイガー・ウッズの燃える赤

プロゴルファーのタイガー・ウッズは最終日には必ず赤のウエアで登場する。勝負への気持ちを燃え立たせるためだろう。最近は日本の政治家でも重要な演説や記者会見の時は勝負ネクタイとして赤や黄、青など派手な色を締めていることが多い。着用するものによって、気分が変わるのはたしかだ。

それだけではない。「着る服を変えれば、人生を変えることができる」という本が出た。『ニューヨークの人気スタイリストが教える 似合う服がわかれば人生が変わる』(著・ジョージ・ブレシア、訳・桜田直美、1620円、ディスカヴァー・トゥエンティワン)だ。

「この本はスタイルやファッションについての本ではありません」と断っている。訴えているのは「外見に気を配ることで、内面も前向きに変化する」ということ。「毎朝、鏡の前でパニックになる」「クローゼットはいっぱいなのに着る服がない」「自分はセンスがない」「アクセサリーが苦手」――1つでも当てはまる人には是非どうぞ。