「かわいいね」と街で子供に声をかけるだけで不審者と思われてしまうことは少なくない。そんな世の中だが、個人を尊重し、他人に干渉しない――そうした社会が築かれていくことが、新たな危険を生むこともある。

 思い出すのは、今年8月に大阪・寝屋川市で起きた、中学1年生の男女が殺された事件だ。深夜から明け方にかけて、子供だけで町を歩いていた2人に誰かが声をかけていたら、事件は防ぐことができたのではないかという声があがった。

 また、2月に神奈川・川崎市で中学1年生の上村遼太くんが不良グループに川で泳がされ、首を切られて殺害された事件。このときも、地域のコミュニティーが気づいてあげられなかったのか、という疑問が取り沙汰された。

 一方で、対照的な報道がある。今年3月、東京都北区で学校帰りの小学生に「さようなら」と声をかけた男性が、不審者として地域の防犯情報を発信する「メールけいしちょう」で配信された。実際は挨拶だけでなく、不審な声かけをしていたともいわれるが、「都内では挨拶しただけで不審者になるのか」「女性と子供は死にかけてて助けを求められても、放置しないと不審者」などと、ネット上で議論をよんだ。

 知らない人に声をかけることは、「声かけ事案」と称され、犯罪の前兆段階として扱われるためだが、東京都在住の主婦(64才)も、昔と違って気軽に声はかけられないという。

「公園や道端で、ちょっと挨拶するだけでも不審者なんでしょう? 孫も保育園でそう教えられています。車の近くで遊んでいる子を見かけて、危ないなと思っても、変な目で見られるかと思うと注意できません。寝屋川のように深夜に徘徊していたら心配になるけど、きっとなにもできないですよ」

“少しでも挨拶をしたら顔見知りになってしまうので、子供たちに知らない人と挨拶は絶対にさせない”
“公園で毎日会うからといって、その人と話すと、それ以降「知り合い」になってしまうから、話してはダメ”

 高まる私たちの防犯意識と“無関心”は紙一重になっている。それを象徴するのが、昨年、路上で泣いている女の子を通報した男性がTwitterへ投稿した内容だ。

 その男性は、夜8時頃、帰宅途中の路上でひとりで泣いていた小学1〜2年生の女の子を見かけ声をかけようかと思ったが、不審者に間違われるのが嫌で110番通報した。そこで、オペレーターに「最寄りの交番まで連れてこられませんか?」「最寄りの交番から警察官を行かせるので、それまで近くで見守っていてあげてくれませんか」と言われたが、その男性はそれを拒否し、その場を立ち去ったという。安全防犯アドバイザーの佐伯由紀子さんは語る。

「交番まで連れて行ったり、見守ったりすれば“それこそ不審者に思われてしまう”と、それ以上のことはしなかった。男性は善意でその子にできることをしつつ、えん罪の恐れがあると判断して、自分のことを守るという自己防衛を実践したのです。

 泣いている女の子と一緒にいるところをスマホで撮られて、不審者として顔写真がTwitterなどにあがったら、社会的信用を一気に失ってしまう。そうなれば、真実が証明されても取り返しがつきません」

“声をかけられたくない”という人が増えているのと同じくらい、“声をかけたくない”という大人が増えてきているのも事実。

 子供に声をかけるかどうか、声をかけられたらどうするか。その判断がはらむ問題はあまりにも多く、重たい。

※女性セブン2015年12月10日号