写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ピクスタは27日、2015年の「流行語大賞」候補と思われるイメージ写真素材を無料で提供する特設サイトを公開した。「PIXTA」の無料会員に登録することでダウンロードでき、用途に合わせて利用できる。

このたび配布されたフリー素材は、2015年の「流行語大賞」の特集記事などで使われることを想定して制作されたもの。この企画は、多くの人が注目する「流行語大賞」で気軽に使えるビジュアルイメージがないことから2013年より制作・公開され、今年で3年目となる。

過去2年は同社の古俣大介代表取締役がモデルとなり、コスプレによって各候補の再現に挑戦していたが、今年はゲストにディー・エヌ・エー(DeNA)の代表取締役社長兼CEO・守安功氏を迎え、古俣氏とともにイメージ素材のモデルを務めている。

また、今回の素材のテーマとなっている流行語大賞の候補は、「ルーティン」、「結果にコミットする」、「あったかいんだからぁ」の3点と、ノミネート漏れ流行語イメージ素材「ペッパー」が1点。これらは、ノミネート50語が発表される約1週間前に、あらかじめ同社内で受賞しそうな前向きな言葉の中から、ニーズが高そうな4つの言葉で制作。同社の予想に反し「ペッパー」はノミネートされなかったが、"せっかくなので"制作したすべてのイメージ素材を提供したとのことだ。

なお、これらの無料素材は、「PIXTA」の特設サイトにて制作秘話とともに公開されている。ダウンロードするには、事前にPIXTAの会員登録(無料)が必要となる。

(早川厚志)