ケンタッキーなのに「牛肉」のハンバーガー!? 主役のチキンを超えられるのか試してみた!!

写真拡大


よほどの鶏肉嫌いでない限り、きっと誰もが一度はトリコになったことがあるであろう「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」のフライドチキン。一度食べたら忘れられない、KFC独特のあの味は、まさに神レベルの完成度といっても過言ではないでしょう。

そんなKFCが、実はハンバーガーも販売しているって知っていましたか? 

【ハンバーガー企画第2弾】

チキンにこだわり続けてきたKFCが、初めてのハンバーガー商品「ビストロ風ハンバーグサンド」を期間限定で販売したのは今年の2月。

そして、その時の経験を活かして今回ハンバーガー企画第2弾として販売されているのが、本日ご紹介する「粗挽きマスタードクリームの焼チーズハンバーグサンド」です。

あくまでフライドチキンにこだわり、ハンバーガーには手を出さないと思われてきたKFCが、あえて販売するハンバーガー。一体どんな味がするのでしょうか?

KFCとハンバーガーがどうしても頭の中で結びつかず混乱気味の記者は、さっそく食べてみることにしました!

【食べやすいように工夫されたパッケージ】

紙に包まれた状態で渡された「粗挽きマスタードクリームの焼チーズハンバーグサンド(以下「ハンバーガー」)。よく見ると、紙には開け方の説明が記載されています。

開け口と書かれた部分を持って上方に開き、

中から現れたミシン目をビリビリと破くと、

ハンバーガーが現れた!! 

このパッケージなら、ソースが多めのハンバーガーも手やプレートを汚さずに食べることができますね。素晴らしい。コンビニの “海苔が湿気らないおにぎりのパッケージ” を初めて見た時の気分です。

【写真通りの美しいハンバーガー】

全粒粉のバンズに挟まれたビーフとポークのハンバーグ。とろりと流れ出すカマンベール入りチーズソース。焼き目の付いたホワイトチェダーチーズ。シャキシャキのレタス。写真と実物には多少の乖離があっても当然と思っていた人生経験豊かな記者(私)は、写真通りのハンバーガーに思わず感動。

ポスターの肉は美味しそうなのに、実際は薄っぺらい肉だったりするよくあるハンバーガーとは違い、このハンバーガーの肉はきちんと分厚いの!!

バンズをパカっと開けてみると、チーズソースとホワイトチェダーチーズがたっぷり入っているのが分かります。

【ジューシーな肉とソースが絶妙に絡み合う】

そして一口。うわっ。お肉を食べるいなや、肉汁がジュワっとしみ出してきました。お店のスチームオーブンで仕上げる粗挽き肉は、柔らかくてフワフワ。マスタードがピリリときいたチーズソースと肉がうまく絡み合う。紙のパッケージに包まれていたのになぜかしんなりしていないレタスの歯ごたえもよいアクセントに。

ひとつだけ残念だったのはホワイトチェダーチーズの味をあまり感じられなかったこと。濃いめのチーズソースの味に、ホワイトチェダーチーズの風味が埋もれてしまったのかもしれません。

【総じて好印象でした】

本業はあくまで「チキン」のケンタッキーフライドチキン。実はハンバーガーを試食しながらも、隣の人が食べているチキンの香りが気になって、「チキン食べたーい」と思ってしまった記者ではありますが、パッケージ、肉、ソースの全てにしっかりとしたこだわりを感じる、この「ハンバーガー」にも好感を持つことができましたよ。チキンに飽きた時にお勧めです。

数量限定&店舗限定で販売されている「粗挽きマスタードクリームの焼きチーズハンバーグサンド」(税込み490円)。なくなり次第終了してしまうそうなので、気になる人はぜひ食べてみて。

参照元=日本KFCホールディングス株式会社公式サイト
画像・執筆=南野バンビ(c)Pouch

画像をもっと見る