また動画の読み込み待ちと思いきや…!ローディング画面で始まる動画広告を仕掛けたお菓子メーカーの狙いとは?

写真拡大 (全3枚)

皆さんは重いデータのダウンロードに時間がかかり、イライラした経験はありますか?

通信環境がまだ十分に整備されていないインドでは、YouTube動画の読み込みにさえも時間がかかってしまうそうです。

そこでインドのお菓子メーカーCadbury Indiaは、そんな課題に着目したプレロール動画広告を公開しました。

いつものように、動画のローディングに時間がかかっているのかと思ったら……

「なぜ、読み込みに時間がかかるのか疑問に思ったことはありませんか?」との問いかけが現れます。

そして、動画の中でその意外な理由が明かされます。

 

そう、原因は動画をアップロードする作業員の1人が同社のチョコレートバーに夢中になるあまり、仕事を忘れていたというのです。散々催促されても気が付かない作業員の姿を通して、お菓子の美味しさを表現しています。

それと同時に、この動画広告を一度見たら、それ以降は動画の読み込みに待たされるたびに、また作業員がチョコレートを食べているのか、とブランド想起が期待できそうです。

その国の動画視聴環境をうまく捉え、人々が日常的に目にしているローディング画面にリンクさせることで想起機会を作り出している見事なブランディング動画です。

企業:Cadbury India(お菓子メーカー)
タイトル:Buffering
目的:ブランディング