美容医療の敷居は低くなった(shutterstock.com)

写真拡大

 みなさんは「美容医療」と聞いてどんなイメージを思い浮かべますか? または、「美容医療」という分野にピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんね。

 私が美容外科医になって12年が経ちます。当時、外科医として総合病院に勤務をしていた私は、医学部時代からの親しい同僚に「美容外科の医師を募集しているから話を聞いてみたらどうか」といわれたことがきっかけで、この道に入りました。

 その頃から、テレビCMや雑誌などで美容クリニックの宣伝・広告は行われていましたし、およその理解はしていたつもりでした。ところが、詳しく話しを聞いたり調べていくうちに、美容外科という診療科目の奥深さに魅かれ、「この分野をより一層極めていきたい!」と診療に励んでいます。

美容医療とは何か?

 美容医療とは、健康上の不具合やケガを治すのではなく、外見を整容的(美容的)に改善、またはよりよくするためのものです。施術を受けることで見た目がよくなり、心身ともに今より満足度を高める医療、というのが特性といえるでしょう。言い換えれば、病気やケガの治療のように"急を要さない"医療でもあります。

 日本では1978年に「美容外科」が標榜科目として国に認可され、以来、美容外科学会が発足するなど発展を続けています。

 そんな特性をもつ美容医療には、メスを使用する手術による美容外科治療と、レーザーや注射などメスを使わない治療があります。具体的にあげると、豊胸術や脂肪吸引、二重まぶたにしたり、鼻にシリコンを入れて高くするといった治療は美容外科手術です。一方で、シミやしわを目立たなくしたいといった治療は、メスを使わずレーザーや注入(注射)によるものです。近年、増えている美容皮膚科を専門とするクリニックでも受けることができます。

来院される患者さんの多くはごく普通の方ばかり

 これまで美容医療を検討されたことのない方や、かかったことのない方にとっては意外に感じられるかもしれませんが、来院される患者さんの多くはごく普通の日常を送っています。企業にお勤めの方、OL、主婦の方などが、「ここが気になるのだけれど何かできますか?」とご相談にいらっしゃいます。もちろん「長年のコンプレックスを解消して、新しい私に生まれ変わりたい!」と一大決心をされてくる方もいらっしゃいますが。

 以前に比べても、美容クリニックの敷居は低くなっていると実感しています。そのため、カウンセリングでは患者さんの悩み以外に、美に対する嗜好やときに生活環境なども含めてじっくりと話しをうかがいます。美容という、人によって求める完成形が異なり、ときに漠然としがちな要望について、プロとして的確な判断や提案をするためです。

 私たちのクリニックでは、美容医療に再生医療の技術を積極的に応用しています。豊胸術や若返り、薄毛治療で再生医療を用いた治療が行われ、その成果は海外の学会で発表されたり医学論文としても発表されています。

 こうした着実な技術進歩により、手術後の負担は軽くなり、メスを使わない治療やプチ整形と呼ばれる手軽な治療が増えたことからも、"見た目をよくして、心身ともに快適な日々を送るための医療"としての「美容医療」の価値は、今後も一層高まっていくのだと捉えています。


Pro_KoheiIto.jpg
伊藤康平(いとう・こうへい)
聖心美容クリニック東京院院長。日本美容外科学会(JSAS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)会員、日本美容外科医師会会員、日本外科学会専門医など.冷静・的確なカウンセリングや美容外科医としてのセンス、技術に定評。年代を問わず幅広い支持を受けている。趣味は車やスキー、オーディオなどの電化製品、料理、熱帯魚観賞と幅広く。
聖心美容クリニック www.biyougeka.com