29日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、音楽ユニット・水曜日のカンパネラのボーカルを務めるコムアイが、野々村竜太郎被告の裁判欠席を擁護する一幕があった。

番組では、元兵庫県議会議員の野々村竜太郎被告の初公判に関する話題を取り上げた。

番組によると、野々村被告は詐欺などの罪で起訴されたが、今月24日に神戸地裁で行われた初公判を欠席。家を出ようとしたところ、待ち受けるマスコミと鉢合わせしパニックとなったため、裁判に出られる状態ではなくなったということだ。

この件に対して、弁護士の犬塚浩氏は「刑事裁判で欠席するというのは考えられないし、あり得ない」と断言した。

その後出演者たちは意見を交わしていたが、ここでコムアイが「ちょっと違う意見なんですけど」と断った上で、「あたしも『今日行きたくないな』っていう日があるなと思って」と語り、野々村被告の行為に理解を示したのだ。

またコムアイは「プレッシャーがひどすぎて(約束の場に)行けないってときに、自分の身を守るために逃げるみたいなことって、もうちょっと日本人に必要な気がするんですよね」「(公判に)行かないっていう日があってもいいんじゃないかなと思いましたけど」と意見を述べた。

この意見には、松本人志はじめスタジオから笑いが巻き起こり、犬塚氏は困惑しながら、裁判に気分で行かないことは認められないと説明した。コムアイはさらに、野々村被告が何をするか分からない精神状態なら、無理して具合を悪化させるより、一度欠席した方がいいと説いた。

その上でコムアイが、笑みを浮かべながら「(野々村被告を)許してあげてください!」と口にすると、スタジオは再度爆笑に包まれ、松本も「ウソやん!」と声を上げていた。

【関連記事】
苫米地英人氏が野々村竜太郎被告の号泣会見ばかり流すテレビ局に苦言
小倉智昭氏 野々村竜太郎被告に裁判で「号泣してほしい」発言をし注意される
厚切りジェイソンが野々村竜太郎氏の号泣会見を「コント」と表現