緑の看板の“和食”に特化した「デニーズ」が栃木県佐野市に誕生!

写真拡大

デニーズは、 12月1日(火)に“和食”に特化した「デニーズ佐野店」をオープンする。

【写真を見る】“和”にこだわり、看板には毛筆書体を採用

「デニーズ」の看板は黄色地に赤文字でお馴染みだが、“和”を強調するため別バージョンに。温かみのある緑の地色に白抜き文字で毛筆書体を採用した。

看板には“そばと天ぷら”とあるが、豊富なメニューをそろえる。丼と麺のセットメニューをはじめ、定食、お弁当、そしてオムライスやハンバーグ、ナポリタンなどの洋食メニューも提供される。

「天丼と二八蕎麦」(950円)は、注文後に揚げたエビ、イカ、ナス、マイタケ、レンコンの天ぷらがのった天丼と、のどごし良く、風味豊かな二八蕎麦のセットメニュー。天ぷらキャノーラ100%の植物油を使用し、カラッとサクッと揚がっている。蕎麦粉を8割使用した二八蕎麦は、3種のこだわりの蕎麦粉をブレンド。ボリューム、食べ応えがあるセットメニューだ。

「鮪たたき丼ご膳(あんみつつき)」(1380円)は、メバチマグロの鮪たたき丼と、幅広でもちもちとした食感、つるりとなめらかな喉越しのひもかわうどん、天かごやあんみつがセットのご膳メニュー。 ※ひもかわうどんは二八蕎麦へ変更可能。

「美健(びけん)弁当」(1080円)は、鶏のソテーや赤魚の甘酢ソース、海老と湯葉のゆずあんかけ、揚げだし豆腐や舞茸ごはんなど、彩りよく美味しいものを少しずつ詰合せ。495kcalとカロリーも控えめなメニューだ。

「若鶏と彩り野菜の黒酢ソース定食」(830円)は若鶏のから揚げと、ナス・パプリカ・ブロッコリーなどの彩り鮮やかな野菜を黒酢あんで絡めたもの。

洋食メニューも充実。「ビーフシチューオムライス」(1058円)は、とろとろ卵のオムライスにじっくり煮込んだビーフシチューを合わせた、ちょっと贅沢なオムライス。フォンドボー、赤ワイン、ハチミツ等で煮込んだ牛肉は、スプーンで切れるほど柔らか。濃厚でコクのあるシチューは、隠し味に醤油を加えることにより、キレのある味わいに仕上がっている。まろやかな卵に隠れた、トマトピラフととろけるチーズも味わいのポイントで、一皿で何度でも楽しめるおいしさとなっている。

「アンガスビーフのサーロインステーキ丼」(1490円)は、牛肉の世界三大品種にも数えられるアンガスビーフのサーロインステーキをにんにく醤油がたっぷりとしみ込んだごはんの上に豪快にのせたもの。ネギをステーキとごはんで巻いて食べても、目玉焼きをくずしてごはんに絡ませて食べてもおいしく味わえる。何度口へ運んでも感動のある、贅沢なステーキ丼だ。

デザートメニューとしては、「宇治抹茶パルフェ」(401円)、「フレンチトースト バニラ&メープル」(453円)などもそろう。佐野市近くに立ち寄る人はチェックしてみては。【東京ウォーカー】