乾燥の季節、お風呂上がりの習慣を刷新する提案

写真拡大

 秋も深まり、顔だけじゃなく、ヒジやヒザはもちろん、ボディのあらゆる箇所の乾燥が気になる季節になりました。

「カサカサになる前になんとかしたい!」と思ったら、お手入れはズバリ、“入浴後”が肝心なんです。

「お風呂からあがったら、バスタオルでカラダを拭く前に、カラダ全体にボディオイルやボディクリームを塗ってしまいましょう。その後、軽くバスタオルで水気をおさえるだけで完了です」(美容家)

 こんな方法で効果があるの?と思うのは当然。でも実は、こうすることで「空気に肌を触れさせる前に、オイル(クリーム)で蓋をしてしまう」方法なんだとか。

 フェイシャルケアは念入りにしても、ボディのお手入れは意外と怠りがち。そんな人も、お風呂あがりの習慣にすれば続きそうですね。

「また、顔に塗るのはチョットためらう“使用期限”を過ぎた美容液などは、入浴後のボディ保湿用に使うのもいいでしょう。お風呂の前に頭皮にたっぷり塗布してから入浴し、軽くシャンプーして洗い流すのもオススメです」(前出・美容家)

 なるほど、工夫次第でこんなにもさまざまな保湿ケアの方法があるんですね。乾燥に耐えられる肌作りは入浴前後がポイント。この季節、ぜひお試しあれ!