不妊治療で休業するレスラー 旧姓・広田さくらを直撃 「37歳の迷いと決断」
 11月12日、後楽園ホールで行われた「センダイガールズ vs スターダム対抗戦」。第1試合が始まった瞬間、あまりの甘酸っぱさに涙がこみ上げてきた。まるで女子校時代にタイムスリップして、憧れの先輩を見ているかのよう。レスラーが、かっこよくて手の届かない存在だった先輩と重なり、胸がキュンとなる。客席を見ると、同じく頬を紅潮させてリングを見つめる女性たちの姿があった。これが女子プロレスか。

⇒【写真】はコチラhttp://joshi-spa.jp/?attachment_id=405013

 観戦したきっかけは、「旧姓・広田さくら」選手。型にはまらないコミカルな試合で会場を沸かせる、唯一無二のレスラーだ。先月、年内で産休に入ることを発表した。産休といっても、妊娠や出産をしたわけではない。不妊治療に専念するため、プロレス活動を休止するのだという。同時に、男性不妊であることも公表した。広田選手はカミングアウトした理由について、「プロレスは勇気や元気を与えられるもの。プロレスラーは発信していかなければならないと思う」と話した。

 37歳の広田選手にとって、プロレスとはどのようなものか。不妊治療とどう向き合っているのか。話を聞いた。

◆コミカルなパフォーマンスで一世を風靡

「ほんとは産休したくないんですよ。ずっとプロレスをやっていたいです。今日妊娠して明日生まれないかな、っていうくらい(笑)。そしたらすぐ復帰できますから。でもいま、仕事って、人生って、なんて楽しいんだろうと思っているので、この気持ちを子供に味わわせてあげたいんですよね」

 1995年、17歳のとき、長与千種主宰の「ガイア・ジャパン」に入門。翌年、長与とタッグを組み、日本武道館で華々しくデビューした。しかし長与の後継者と期待され正統派路線をいくも、鳴かず飛ばず。苦し紛れにはじめたコミカルなパフォーマンスが、抜群にハマった。

「最初は迷いもありました。どうしようとウズウズしていたとき、長与さんから『お前は人を驚かすことだけを考えろ』とアドバイスされたんです。それで、対戦相手のガウンを拝借して入場してみたら、どっとウケたんですよ。そこから対戦相手の物まねをするようになり、相手と同じコスチュームを作って着るようになり、その流れでコスプレをして面白いことをするいまのスタイルが出来上がりました」

 相手のレスラーとまったく同じコスチュームで登場し、試合がはじまると動きを真似る。これがただの物まねではなく、高度な技も難なく真似してみせるのが、プロレスならではであり、広田選手にしかできないことだ。人気が出ると、“天狗の時代”に突入したという。

「お客さんは大盛り上がりで『広田は欠かせない存在だ』と言ってくれる一方、周りの選手からは『いつまでそのスタイルでやるの?』と苦言を呈されるようになりました。でもわたしは、お客さんが認めてるんだからいいじゃん、と天狗になってしまって。みんな分かってない、だからダメなんだよ、みたいな(笑)。ほんとに分かりやすく調子にのってましたね。ただ試合が面白ければいいと思っていました。でもそれじゃダメだと、ガイアが解散してから思い知ることになります」

◆「なんでもできるって、なにができるの?」

 ガイア・ジャパン解散後、事務所に残って芸能活動をはじめる。プロレスで一度に何千人もの観客を虜にしてきた広田選手は、順風満帆な芸能生活を思い描いていたが、現実はそう甘くはなかった。

「わたしくらいの才能、ビジュアルの人なんて、芸能界には吐いて捨てるほどいるんです。それまで、プロレスは自分を表現するツールだと捉えていたのが、いつしかプロレスにしがみついている自分がいました。なにをやっても、プロレスで得た充実感と比べてしまったんです。小さなエキストラの仕事をバカにして、『広田さくらだよ?』みたいな感じで。あるとき、マネージャーさんがプロデューサーさんに、『広田、なんでもやります』と言ったら、『なんでもできるって、なにができるの?』と言われたんですよ。それを聞いたときに、ここまで言わせるっていうのは本当に申し訳ないし、打ちのめされて、そこでいろんなことに気づきました」