ハリルが中学生を直接指導「夢は日本でサッカーが第一のスポーツになること」
 日本代表オフィシャルパートナーのキリングループ(キリン株式会社、キリンビール株式会社、キリンビバレッジ株式会社)が主催する「KIRINキャンプ」が28日、都内で始まり、バヒド・ハリルホジッチ監督ら日本代表のコーチングスタッフが中学生30人を直接指導した。

 中学1年生から中学3年生までの男子30人を対象に参加者を一般公募した「KIRINキャンプ」。約1500人の応募の中から選ばれたフィールド選手26人、GK4人の計30選手が参加し、午前中にまずハリルホジッチ監督の講義を約45分間受けると、その後は昼食を挟んでピッチ上で“2部練習”を行った。

 ハリルホジッチ監督はチャンピオンシップ準決勝視察のため一時、不在となったが、その間も日本代表コーチのジャッキー・ボムベー氏、フィジカルコーチのシリル・モワンヌ氏、GKコーチの浜野征哉氏による指導が続いた。

 チャンピオンシップ準決勝の視察を終え、都内のグラウンドに戻ってきたハリルホジッチ監督は中学生の前でドリブルやフェイントのかけ方などを実践。コーンやマーカーをかわしていくドリブルの練習では「ボールを見るな」「顔を上げろ」などと細かく指導した。

 参加者にとっては現役の日本代表監督から直々に指導を受けられる夢のような体験となったが、ハリルホジッチ監督にとっても「指導者として、子供たちと一緒にこんなに長時間、トレーニングしたことはなかった」と初めての経験だったようだ。

「何人か素晴らしいテクニックを持った選手がいた。素晴らしいと思ったのは会話のところ。(通訳を介すため)直接理解することはできないが、そういう言葉の問題があっても、とても早く理解してくれた」

 中学生年代の日本人選手の印象について語る指揮官は「KIRINキャンプ」の意義について「フットボールをしている子供たちに、こうしたトレーニングを通じて向上していくことができるというメッセージを伝えたい。子供たちに代表監督とトレーニングするという喜びを与えられれば」と強調。「日本でフットボールが占める位置がもっと高くなればと思っている。私の夢は日本でフットボールが第一のスポーツになること」と述べた。

「KIRINキャンプ」は1泊2日で行われ、明日29日のトレーニングもハリルホジッチ監督による直接指導で行われる。

(取材・文 西山紘平)