ウェアラブル火炎放射器、販売中

写真拡大

手品師のためにつくられたこのウェアラブル機器は、ニトロセルロースのカートリッジを射出して、手の平から炎を出させることができる。

ウェアラブルデヴァイスの、ちょっと極端な進化形ともいえるだろう。スマートウォッチと同じように身に付ける火炎放射器。最新のAndroid Wearとは違って、スマートフォンからの通知を受けるのではなく、手の平から炎の玉を放つのに使う。

「ウェアラブル火炎放射器、販売中」の写真・リンク付きの記事はこちら

名前は「Pyro Mini」という。つくったのは、手品のトリック専門のメーカー、Ellusionist社だ。去年、日の目を見た製品のサイズを小さくした進化形だ。プロの手品師を想定して考案されたが、まやかしではない、本物の炎の弾を発射することができる。

Pyro Miniでは、すべての構成要素が見直された。バッテリーはボディの中に組み込まれ、一般的なmicroUSBポートを介して充電できる。非常にコンパクトで、同梱されたベルトのおかげもあって、快適に手首に取り付けることができる。射程は以前より伸びて、ニトロセルロースの弾を最大12mも飛ばすことができる。

本体は150ドル、カートリッジは17ドルの価格で用意されている。間違っても近所一帯を燃やしてしまわないよう、お願いしたい。

TAG

GadgetWearable DeviceWIRED IT