Doctors Me(ドクターズミー)- 最近髪に元気がない…髪によい食べ物とは?

写真拡大

艶があり、ボリュームのあるきれいな髪は、男女問わず、憧れといえるのではないでしょうか?
きれいな髪を保つためには、どのような食べ物がいいのでしょうか?
今回は美しい髪を育て保つ食べ物について、医師に解説していただきました。

髪のためには海藻を食べるのが一番?

ワカメは髪にいい、と聞かれたことはないでしょうか?これは昔からいわれてきていることです。ワカメや昆布など海藻の見た目が髪の毛に似ていることから言われるようになったという説もありますが、海藻は、ヨードなどのミネラルや食物繊維を含んでいるため、髪の健康を保つために必要な栄養素が豊富であるといえます。

しかし、海藻ばかりをたくさんとっていても髪がふさふさになるわけではありません。栄養が足りていないと、髪に必要なエネルギーがまわらなくなってしまうので、髪が細くなってしまったり、パサパサになったり、髪の毛の色が落ちてしまったり、髪ぎ抜けてしまって薄毛になってしまったりします。

アミノ酸が不足すると髪の毛がパサパサになる?

元気な髪のためには、しっかりと体が必要なエネルギーを取る必要があります。加えて、髪のために必須アミノ酸をしっかりとるのが効果的といわれています。
アミノ酸は、ケラチンというタンパク質を作り、これが髪の毛の多くの要素となっています。
そのため、アミノ酸が不足してしまうと、ケラチンができないために、髪の毛の材料がなくなってしまうことになります。
アミノ酸は人間の体の中でつくることができるものもありますが、必須アミノ酸は人間の体の中では作ることができないため、食べ物からとらなければなりません。

必須アミノ酸が含まれるタンパク質をとろう!

必須アミノ酸をしっかりとるためには
・鶏卵
・牛乳や乳製品
・豚肉、牛肉、鶏肉などの肉類
・あじ、さけ、かつおなどの魚類
などのタンパク質を含む食材が有効です。

また、
・ほうれん草
・にんじん
・かぼちゃ
などの緑黄色野菜は、ビタミンA、C、E、Fなどが多いために、頭皮の血行を良くして、抜け毛を防いでくれます。

【医師からのアドバイス】

バランスのとれた食事をしっかりと規則正しくとるようにして、つやのあるきれいな髪を保ちたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)