ビーチバレー・坂口佳穂選手

写真拡大 (全3枚)

ビーチバレー期待の選手、坂口佳穂(さかぐち かほ)が28日、東京・品川区のPRイベントにゲスト出演。品川への興味を呼び起こすプロモーション活動に加わった。

イベントが始まると、区長の濱野健氏が挨拶。「品川の魅力を簡単に言うと、パッチワークのような街です」とコメント。「15分も歩くと、いろいろな街の表情に出会えるからです」と説明があった。

その魅力を集約する言葉として、『わ!しながわ』というキャッチコピーとロゴマークが新たに公開された。今後は「旋律なり、メロデイーもつけて、サウンドロゴも制作したい」と展開例もあげられた。

また、2020年・東京五輪についても、PR活動を活発化させることを話題にした。

3つの競技(ビーチバレー、ホッケー、ブラインドサッカー)が品川区で開催されることから、来場者の受け入れ体制の他に、区内・子供たちへの体験プロジェクトも準備していると告げられた。

坂口は、ビーチバレーの会場となる「潮風公園(しおかぜこうえん)の名前をもっと知って欲しい」とアピール。また、自身については「私は、まだまだオリンピック選手に選ばれるレベルに達していませんが、この品川のコートに立てるよう、もっと頑張ります」と更なる活躍を誓っていた。

▼ 新しいロゴマーク『わ!しながわ』を発表した

品川区議会議長の大沢真一氏、品川区長の濱野健氏、坂口佳穂


▼ 坂口佳穂