写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●受賞作のテーマはあの名シーン
12月20日に都内・ガンダムフロント東京にて開催される「ガンプラビルダーズワールドカップ2015世界大会決勝戦」に出場する日本代表が、11月22日に秋葉原で開催された「ガンプラEXPO」内で決定した。その発表の模様を、ファイナリストとなった作品とともに振り返っていこう。

「ガンプラビルダーズワールドカップ2015 日本大会」は、14歳以下が参加できるジュニアコース、15歳以上が参加するオープンコースの2つの部門からなっており、今年も全国から昨年を超える数の応募が寄せられた。写真審査による一次審査、ウェブ投票による二次審査の2度の審査を経てジュニアコース5作品、オープンコース25作品がファイナルに選出される。

そして最終審査は、"川口名人"ことバンダイ ホビー事業部マーケティングチームリーダーの川口克己氏を始めとしたガンプラ開発関係者による審査員票に、「ガンプラEXPO」の来場者による一般票を加えた結果により決められる。

ファイナリストの5作品の中から選ばれた今年のジュニアコースの日本代表は、畑めいが5年連続で選出された。畑の作品は、『機動戦士ガンダム』の劇中でも屈指の名シーンとして知られるア・バオア・クー攻略戦において、ガンダムがビームライフルでジオングの頭部を撃ちぬくシーンを再現したジオラマ「ラストシューティング」。バンダイホビー事業部で『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のガンプラ開発などを行う安永亮彦氏は、畑の作品について「作品の奥行き感の演出の巧みさや、暗い中での色の使い方などのトータルバランスがよかった。また、有名なシーンを忠実に再現しているところも評価しました」と説明した。

5連覇を決めたことについて畑は、「会場でほかの人の作品を見て、自分にはない想像力豊かな作品があったので、選ばれるとは思っていませんでした」と自身が選ばれたことの喜びをかみしめていた。中でもユウスケの「アッガイの魂」を最も気になる作品として挙げる。畑は今回の制作にあたり、昨年の世界大会終了後から構想を練り始め、『機動戦士ガンダム』を見た際にこのシーンにしようと決めたという。製作期間には半年を要した。

(C)創通・サンライズ

●ベテランモデラー高奥が2回目の挑戦でオープンコースを制す
また、昨年初挑戦ながら2位に入賞したロク【ROKU】高奥誠也の「トールギスA(アレス)〜闘神〜」がオープンコースの日本代表に決定。代表決定を告げられた高奥は、「去年、2位で悔しい思いをして、なんとか1位になりたいと思って頑張った結果、夢が叶いました。ありがとうございます」と喜びを語った。

49歳の高奥は、ガンプラ誕生以前からスケールモデルなどのプラモデル作りをしていたベテランモデラー。途中仕事などのため、一時プラモデル作りから離れていた時期もあったという。作品については、「ポージングと、全体がバランスよくまとまっている点を評価していただきました。また、LEDを内部に組み込んで隙間から光を漏らすことでメカらしさを表現する"漏れ電"という技法を使っている点も評価につながったのではないかと思っています」と明かした。

そんな高奥だが、自身の評価では第2位の「凛」(ヤマタツ)が第1位になると思っていたという。『ガンダムビルドファイターズ』シリーズのガンプラの制作を担当するバンダイホビー事業部の馬場俊明氏は、高奥の作品について「構成、造形、塗装、デザイン性、すべてにおいて非常にバランスが取れた素晴らしい作品です。最終審査の結果を見た際に、なるほどなと感じました」と語った。また、第3位には「1/1スケール チームS.H.I.」(下田重工業)が入賞している。

○入賞作品以外のファイナリストの作品

(C)創通・サンライズ

(トランジスタ)