だんだん寒くなってくるこれからの季節。特に季節の変わり目は、気温の変化から風邪をひきやすくなってしまいます。そんな時は風邪を寄せ付けない食事を摂って、体調をキープしましょう。

風邪にかかりにくい体は、免疫力が高いカラダ

風邪やインフルエンザにかかりにくくするには、風邪の菌やウイルスを寄せ付けない免疫力の高いカラダを作ることです。意外かもしれませんが、免疫力アップのカギは腸内環境にあります。リンパ球やマクロファージなどの免疫細胞は体のあちらこちらに存在し、さまざまな病原菌と戦っていますが、免疫細胞の6割は腸内に存在します。そのため、腸内環境を整えることが、免疫力をアップする最も簡単な方法なのです。

腸内環境を整える乳酸菌は植物性がおススメ

腸内環境を整えるには、腸内の善玉菌を増やすことが重要です。腸内には1,000種類もの細菌がいますが、体に悪い影響を与える悪玉菌を減らして、善玉菌を増やすことで腸内環境を整えることができます。代表的な善玉菌は乳酸菌です。乳酸菌といえば、ヨーグルトというイメージを持つ方も多いと思いますが、実はヨーグルトやチーズなどに含まれる乳酸菌は動物性です。一方、植物が由来の味噌や納豆、キムチなどに含まれるのは植物性乳酸菌。植物性乳酸菌の方が、栄養が少ないところや塩分の濃度が高いところでも生息できる強さがあるので、できるだけ植物性乳酸菌を摂取したほうがいいのです。

さらに善玉菌を増やすために注意したいこと

善玉菌を増やすには、悪玉菌の増殖を抑えることも大切です。野菜不足の偏った食事や脂っぽいものの食べ過ぎは悪玉菌を増やす原因となってしまいます。その結果、腸内の善玉菌が減ってしまうと、免疫力の低下につながるだけでなく、肌荒れなどの原因ともなってしまいます。さらに善玉菌を増やすためには、善玉菌のエサとなる栄養を摂るようにするといいでしょう。食物繊維やオリゴ糖が善玉菌の栄養となるものです。食物繊維が多く含まれる大豆製品やゴボウなどの野菜をたくさん食べましょう。オリゴ糖が多く含まれる食品は、バナナ、玉ねぎ、ゴボウ、大豆などです。


writer:岩田かほり