「週刊プレイボーイ」(集英社)15年11月30日号

写真拡大

 来年2016年は、1981年に日本最初のAVと言われる『ビニ本の女・秘奥覗き』・『OLワレメ白書・熟した秘園』が発売されてから35年目を迎える年となる。それを記念して、各メーカーでは昔の作品が復刻されたりと、早くも今年から様々な事業が行われている。

 そんな状況を受けて、「週刊プレイボーイ」(集英社)では、カルト映画化した『劇場版 テレクラキャノンボール2013』でもおなじみの二人のベテランAV監督による「カンパニー松尾とバクシーシ山下のAV史講義 1981-2016」という不定期連載が2015年の9月7日号から11月30日号にわたって連載されていた。この「AV史講義」は、先日全9回で終了。80年代から人気AV監督として第一線で見てきた彼らの目に、AV業界はどう映ってきたのか?

 アダルトビデオ35年の歴史。それは、AV業界が健全化をたどった歴史でもあると言う。かつてのAV業界はいかにムチャクチャだったか、カンパニー松尾は新人監督時代の思い出を語る。

 カンパニー松尾が童貞を喪失した相手は、彼の初監督作品に出演していたAV女優の亜里沙であるというのはファンにはよく知られた話。しかし、彼女とカンパニー松尾が関係をもった後日談にはこんなエピソードがあったという。二人が関係をもった後、松尾が亜里沙をキャスティングして撮影に入った時の話である。

〈松尾 亜里沙って実は爆弾で。白夜書房で編集者やってたアナル市原さんに男優役を頼んだんです。男優兼雑誌の取材という形で。そこで市原さんに「俺、亜里沙のことが好きで......」って打ち明けたら、「亜里沙はみんなとヤッとるでぇ」と(笑)。
(中略)
 ダイレクトに言うと市原さんと亜里沙が付き合ってたんですよ。で、「なんや、兄弟やんけ」って関西弁で明るく言われて。(中略)まあ初監督作でAV業界の洗礼を受けたって話です(笑)〉(10月12日号より)

 このような現象は松尾のまわりだけで起きていたわけではない。かつては業界全体にこのような傾向があったという。

〈山下 昔はそれこそ隙あらば女優口説くのが普通で。誰が女優を自宅へ送るかって競争があったじゃん?
 松尾 家の前で突然、腹を壊すスタッフ続出で。
 山下 トイレ借りるフリして部屋に上がり込んでね(笑)〉(11月9日号より)

 カンパニー松尾といえば「ハメ撮り」という演出手法を生み広めた監督として知られているが、その発端にも、スタッフと女優が容易く関係をもってしまう業界の風潮が影響している。「ハメ撮り」が生まれたきっかけ、それは、カンパニー松尾がAV女優の林由美香に恋をしたことにあるという。

〈松尾 僕は彼女に恋をしたんです。これがハメ撮りを始めた最大の理由です。
(中略)
 俺は監督だから、好きになった由美香を男優とハメさせなきゃいけないし、撮影後に「どう? チ○ポ気持ち良かった?」とか聞かなきゃいけないわけじゃないですか。
(中略)
 でもそれって視点が全然一致してないでしょう? 俺は彼女が好きなのに、他人とヤラせてる。だったら自分がセックスして、自分で撮っちゃえばいいと......その感情が原点ですよね。青臭い発想ですけど(苦笑)〉(10月19日号より)

 なぜスタッフとAV女優がこんなズブズブな関係になっていくのか? それはひとえに当時の事務所の管理がいい加減だったからに他ならない。当時の業界のデタラメさを象徴する話として二人はこんな思い出を語っている。

〈松尾 当時の事務所ってスゴいずさんだったんです。税金逃れで、1年ごとに社名が変わったり。
 山下 名刺の会社名とか住所とか全部デタラメ(笑)。
 松尾 マネージャーの名前すら偽名でね(笑)。なぜか"伊集院"とか"西園寺"とか、よくいましたよね。
 山下 「会社名が変わったんで僕の名前も変わりました」とか言いながら名刺切ってねぇ〉(10月12日号より)

 それは女優のマネージメントも杜撰になるわけである。しかし、00年代に入り、ソフト・オン・デマンドが『会社四季報』(東洋経済)に掲載されたり、AVメーカーに早慶を出た新卒が入社するような時代に入ると状況は一変する。

〈山下 現場でのスタッフと女優の関係も変化してるしね?
 松尾 この頃からスタッフと女優が現場でメシを一緒に食わなくなってます。女優はメイク室にこもってマネージャー、メイクと食べるようになって。スタッフが女優とヘタに絡むと事務所ににらまれるからね。男優ですら女優と仲良くしなくなったよね。セックスしてるのに会話はない。
 山下 チ○ポ入れて出すだけの関係ってことでしょ。
 松尾 それもこれも事務所に疑われて、NG出されたくないからですよ。そのコだけじゃなくて、事務所に所属する女優全員NGにされるから〉(11月9日号より)

 撮影中のロケ弁すら一緒に食べないのは逆に行き過ぎな気もしなくもないが、恋仲にあったAV女優を他の男優と絡ませたくないから「ハメ撮り」を編み出した時代から遠くまで来たものである。

 また、AV誕生から現在までの35年は、事務所やメーカーなどAVをつくる会社が変わっていくのと同時に、出演するモデルのパーソナリティーも変化していった35年だった。まず、黎明期のAVに出ていた女優たちはどんな人たちだったのか? 二人はこう振り返る。

〈松尾 昔のAVって世間からひどい目で見られてたんです。風俗嬢より格下で、「AV出たら人生終わり」みたいな。
 山下 女のコにも「やらされてる感」があって。好きこのんで出てる人はいなかったと思う。山師みたいな人が女を連れてきたりしてたよね。活動期間も短かったし、季節をまたぐのはひと握りでしたよ。
 松尾 偏見じゃなく、金銭的な問題とか家庭環境の問題とか、すごく不幸な境遇の人が多かったように思いますね〉(9月7日号より)

 吉沢明歩やRioのように10年近く活動し続ける女優がいたり、蒼井そらは中国で国民的スターとなっていたり、紗倉まながトヨタ自動車のサイトで連載をもっていたりと、AV女優がアンダーグラウンドな世界から抜け出し、芸能界でもバリバリ活躍する現在から見ると、「AV出たら人生終わり」と言われていた時代は隔世の感がある。では、そのような状況はいつ頃から変わり始めたのか? その発端はダイヤルQ2が一世を風靡し、若い女性たちの「性」に対する意識が変わりだした90年代初頭にあると彼らは言う。

〈山下 企画AVでも90年代初頭からは普通の女のコの出演が増えていった印象ですね。それまでは社会から外れた人が出るのがAVだったのに、テレビや雑誌の影響で明るい大学生がやって来た(笑)〉(10月12日号より)

 この傾向は「援助交際」が社会問題となる90年代中盤以降ますます加速していく。

〈松尾 少なくとも「AV出たら人生終わり」っていうような空気はないですね。世紀末ぐらいから、ふわっとなんとなくAVに出演する女のコが現れたように思うんです〉(11月2日号より)

 AV業界に飛び込んでくるモデルが「普通っぽい」人になるにつれ、二人はさらに、「女優の内面」の変化にも気づいたと語る。

〈松尾 00年代中盤は、監督面接や現場で会う女優の言動も変わってきたんですよ。
(中略)
 山下 生い立ちだの男性遍歴だの、とうとうと自分語りするコが増えてね。
 松尾 80年代、90年代はインタビューしても女が口を割らないから大変で。けど00年代中盤はこっちが黙ってても女が勝手にしゃべるようになった〉(11月9日号より)

 この時代は女子高生の「なりたい職業」に「キャバクラ嬢」が登場してくるなど、「承認欲求」がキーワードとなった時代。彼女らの「自分語り」には、そんな状況も影響しているのかもしれない。

 そして、00年代後半以降、蒼井そら・Rioらによるアイドルグループ「恵比寿マスカッツ」をはじめ、「アイドル」と「AV女優」の垣根がどんどん崩れ落ちていく。実際この時代に入り、AV女優の仕事はビデオの撮影だけでなく、それらDVDの発売イベントでファンと握手やチェキを撮ったりといった、AKB48などのアイドルグループと何ら変わらないアイドル的な活動も重要なものとなっていく。バクシーシ山下は〈客が集まるコって、ファンの顔と名前を完璧に覚えてるでしょ〉と語っているが、このあたりも一般のグループアイドルと変わらない。そして、このような活動がAV女優の仕事観を劇的に変えたと彼らは言う。

〈松尾 SNSやブログの登場でAV女優のメンタリティはガラッと変わったと思う。やっと自分の仕事や活動に実感を得られたんですよ。毎度、現場で好きでもない男優とパコパコしてるっていうだけではやっぱり心が病むでしょ。
(中略)
 それがSNSやブログの登場で、自分自身の日常について語り、応援してくれるファンがいることを確認できた。AV女優の承認欲求が初めて満たされたんじゃないかって思うんですよね〉(11月23 日号)

 こういった要素が、「季節をまたぐのはひと握り」であったものから、吉沢明歩のように10年以上も第一線で活躍し続ける人を生み出した一つの要因であるようだ。

 しかし、すべてのAV女優がこのように幸せな活動をできているわけではない。二人は語っていないが、「AV」と「芸能界」の垣根がなくなりつつあるいま、逆にそれがトラブルを起こしている。

「アイドルとしてスカウトされ、普通の芸能事務所だと思って契約したら、実はそこはAVの事務所も兼ねており、アダルトビデオへの出演を強要された」。先日当サイトでも、昨今そのようなケースが増えつつある旨を報じたが、なかには2400万円もの違約金を請求され裁判になるケースもあり(判決の結果、請求は棄却)、業界が完全に健全化されたとは胸を張って言えるような状況にないのも事実だ。

 AVが35年目を迎える2016年。構造不況も叫ばれている中で、AVはどう変わっていくのだろうか。
(田中 教)