モテ車を解説する「週刊ポスト」連載の「死ぬまで カーマニア宣言!」。今回は、女子人気が高いミニについて。これまでにクルマを40台買ってきたフリーライター・清水草一氏(53)が、BMW製の「ミニ」について解説する。

 * * *
 ご同輩諸君。美女は大概クルマに疎く、車名なんて知らないものだが、ほとんどの美女が知っていて、好感度も高いクルマがある。ミニだ。

 ミニは英国生まれの小型車。1950年代末、貧乏なイギリス大衆のために設計された革命的なクルマだった。エンジンを横置きにして前輪を駆動するFFレイアウトは、いまや世界のほとんどのクルマが採用しているが、これはミニが始めたもの。おかげでごく小さい車体で大人4人が乗れる最低限のスペースを確保できた。これが元祖ミニである。

 本邦の美女たちは、そんな歴史などつゆ知らず、ミニを見れば反射的に「カワイイ!」とのたまう。バブル期には、「街を走ってるクルマが全部ミニになればいいのに!」と語る美女が実在したほどである。実際日本での元祖ミニ人気は突出しており、1990年代のモデル末期には、生産台数の約半数が日本で売れていた。

 近年は、さすがにその姿を見る機会も減っている。いまさら50年以上も前に設計された小型車を入手して、美女と温泉に繰り出そうというご同輩もいまい。美女も口では「カワイイ!」と言っても、乗るのは怖いとためらうはず。美女はなによりぶつかったら死にそうなクルマを嫌う。これから乗るならやはり、BMW製のミニだ。

 現在の売れ筋は、新しく登場した5ドアモデルだ。BMWミニにはもともと3ドアしかなく、5ドアを買うなら見た目が猛烈にデブなクロスオーバーにするしかなかったが、昨年からただのミニにも5ドアが加わったことで、これが人気となっている。

 が、仮にご同輩諸君がすでに子離れしているのなら、オシャレで生活感のない3ドアをお勧めしたい。その方が明らかにキュートで自由な雰囲気がある。エンジンは、最もベーシックな1.2リットルターボで十分走るし燃費もいい。

 また、BMWミニはすでに3代目だが、初代も2代目もほとんど見分けがつかない。乗り味も同じ「ゴーカートフィール」。カーブで車体が傾かないスポーティな味付けだ。ならば、初代や2代目の中古車でも十分ではないだろうか? 10年落ちの初代なら、60万円ほどから選び放題だ。

 私が最もオシャレだなと思うのは、2代目から加わったクラブマンだ。ダックスフンドのように長いフォルムが実にユニークでカッコいい。右側だけ観音開きのリアドアが付いていて、リアゲートも観音開き。形そのものが秘密基地のようで楽しく、あらゆる部分が手作り感満点でシャレている。これが6年落ちの中古車で150万円前後。美女ウケだけでなく、生活そのものが楽しくなりそうだ。

※週刊ポスト2015年12月11日号