ダイエッターの強敵「ポテトチップス」を今晩からやめられる、簡単な方法

写真拡大

 なぜか夜、小腹が空くと無性に食べたくなるのがポテトチップス。しかし、一度手を出すとどうしてもやめられなくなってしまい、気がつけば「ひと袋たいらげてしまった!」と後悔することも。特に残業から帰ってきた後は、上司の嫌な発言を思い出して、ビール片手に手が伸びる‥‥なんて人も多いことでしょう。

 そんなポテトチップス一袋のカロリーは、およそ300〜500kcal。ご飯茶碗一杯140gがおよそ235kcalと考えれば、数字で見るとギョッとしますよね。そこで、今日からポテトチップスがやめられる、こんな方法をご紹介しましょう。

1.塩を指先につけてなめる

ポテトチップスを食べたいときは、身体が塩分を欲している可能性があります。そんなときはポテトチップスを食べる感覚で指先に塩をつけてなめてみましょう。ただし塩は食欲が増す効果もあるため、他のものが食べたくなることも。あくまでも塩分対策としてなめる程度に。

2.ポテトチップスの代わりに無糖シリアルをつまむ

ポテトチップスに比べたら、多少はカロリーが抑えられます。もちろん食べ過ぎはNGですよ!

3.ポテトチップスを自分で揚げる

油を使わず作ればカロリーは抑えられます。ジャガイモをスライスしてクッキングシートの上に並べ、電子レンジでチンすれば完成。

 毎日の摂取カロリーも抑えられ、おサイフにも優しい「脱ポテチ生活」。まずは今晩「塩なめ」からはじめてみてはいかが?