「悩み」や「ストレス」は肌の不調の元、“睡眠の質”を高める方法とは?

写真拡大

 心もカラダも、そしてお肌も、悩みがつきない40代。30代までの自分と比べると、その悩みも一層深くなってきますよね。

 そんな悩み多き年代は、あまり落ち込んだりせず、たとえ悩んだとしても“質のいい睡眠”をとって解消するほうが心にも肌にもいいんです。

 何事も「次のターム」に自分のモチベーションを進める方法を考えて、迅速に動くことが“正解”と言えるでしょう。

 質のいい睡眠時間はなるべく多くとるためには、眠れないときにアロマや音楽など、五感を癒す工夫をするといいんです。

 そして大事なのは、他人とくらべて羨ましがったりぜず、反省することは手短に。なるべく気分が落ちる時間を長引かせないよう心掛けましょう。

 なによりもそんな時は、「後悔するより自分を褒めてあげる」ことです。自分を好きになって、行動にも余裕ができてくると、ハリツヤ潤いの核となる気持ちの部分が“正常運転”を始め、結果「美しさ」を取り戻すでしょう。

 職場で気分が落ちた時は、ひと呼吸、ひと息つくことも効果あり。1日の不満と不調、そして疲れは、1晩でリセットするようにしましょうね。

 そして、人前ではいつも笑顔で‥‥。それがお肌の老化を少しでも遅らせる大事な方法だったりするそうです。