roomieより転載:真夜中、真っ暗な部屋でふと目が覚め、ベッドから起き上がって部屋の中を歩く。

ごくごく自然に思える行動ではありますが、足元が危ないのでどうしても電灯を点けなければいけません。

スイッチを探すためにウロウロせずとも、起きて足を床につければ自動的に足元を照らしてくれる、そんなナイトライトがあったら素敵です。


151128roomie_mediagene.jpg

実はあるんです、ベッドの下を灯して足元からお部屋に優しい光を与えてくれるライトが。

ヨーロッパを中心に、世界中でオリジナルデザイン照明機器を販売しているサプライヤーe3lightの「Bed Light」。これこそ、まさに欲しかったライトです。

ベッドから足を下ろして床につけると、ベッドの下のセンサーが察知して点灯。

ベッドサイドのライトや部屋の電灯のスイッチを探すこともなく、また、必要以上にお部屋を照らすこともなく、足元だけを明るくしてくれるわけです。一緒に寝てる家族を起こしちゃうこともありません。

汎用性が高く、自室の寝室以外にもさまざまな利用方法があります。


151128roomie_mediagene2.jpg


151128roomie_mediagene3.jpg


シンプルな発想ですが、意外と自動点灯のベッド下ライトって無いんですよね。これならインテリアとしてもクールだし、なんだか粋な暮らし方ができそうです。



自動的に点灯・消灯してくれるってのはとってもありがたい。これからの高齢化社会に向けて、お年寄りのお部屋の仕様としても便利ですよね。


roomieの注目記事:
・今週末はイケアへ、クリスマスの「もみの木狩り」に行こうか
・雨の日は、お部屋に青空を貼るなんていかがですか?
・「空を眺めるため」につくられた窓


[mylight.me - product]

(naocs)