マカロンカラーがカラフル!「新宿テラスシティ」にロマンティックなイルミネーション

写真拡大 (全4枚)

クリスマスが近くなって、街にイルミネーションが輝き出した最近。小田急線の新宿駅周辺も、毎年、11月に入ると、西口から南口に至る各商業施設を「新宿テラスシティ」というひとつの「まち」に見立てて、統一感のあるイルミネーションに彩られる。今では冬の風物詩となったこのイベントは、今年で10周年を迎えるそう。

2015年11月11日(水)から2016年2月14日(日)までの期間、「新宿テラスシティ」では、「10th Shinjuku Terrace City ILLUMINATION(新宿テラスシティ イルミネーション)’15-’16」を開催。今回は、「マカロンカラー」をテーマにしたカラフルで明るい色彩のイルミネーションがエリア内の8カ所に登場し、「きらめくヒカリのまち」を表現するそう。

「多様な人々が行き交う新宿らしい“多彩な光”をお楽しみくださいマカロンのカラフルで明るい色彩には、人の心をウキウキさせるパワーがあると思います。それぞれに工夫された飾り付けに、多様な人々が行き交う新宿らしい“多彩な光”をお楽しみください」と、事務局担当者さん。

イルミネーションが飾られるエリアは、「新宿西口ハルク」の1階エントランスから「新宿サザンテラス」のサザンテラス広場までの888m。写真は、新宿駅の西口と南口をつなぐ「新宿ミロード」の「モザイクステージ」に設置された「マカロンglobe(グローブ:球体)のツリー」。ここには毎年イルミネーションツリーが飾られ、写真スポットとして人気とか。

新宿ミロード近辺では「モザイク通り」に、空に浮かぶ緑や黄色の光る球体が点々と連なる「マカロンglobeバレー」が登場する。約35mの光の回廊は、その美しさに立ち止まって見とれてしまうはず。


また、南口にある「新宿サザンテラス」周辺は、樹木にイルミネーションが設置され、ロマンティックな雰囲気を楽しめそう。南口から代々木駅方面に向かう途中の「新宿サザンテラス 小道」は、暖かな光で飾られた樹木のところどころに赤や緑のマカロンglobeが輝く「マカロンglobeの森」に。

その先の「新宿サザンテラス広場」は、8色の光がきらめく華やかな「マカロンカラーパーク」に。そして、その中央には、オブジェの中のセンサーに手をかざすことで、6種類の光と音が変化する「マカロンツリー」が登場。こちらは2016年1月4日(月)まで

ツリーが放つムービングライトの演出は、海外からのゲストも楽しめる「ジャパンパワー」や「カワイイパワー」など、さまざま。カップルなら、ハートがたくさん出てくる「ラブパワー」の演出が出るとテンションも上がるはず。


さらに、クリスマスも間近の12月15日(火)からは、「新宿西口 ロータリーイルミネーション」も新登場。こちらは新宿駅西口のロータリーをはじめ、小田急百貨店・新宿店や新宿西口ハルクの壁面を、「マカロンカラー」の光で演出するもの。いつもの新宿西口とは違う、カラフルな表情が見られそう。

クリスマスから年末年始を経て、バレンタインデーまでの冬のシーズン、鮮やかなマカロンカラーに彩られた新宿の街をめぐって、ロマンティックなデートを楽しんで。